復活優勝マルケス「これまでの記憶がよぎって集中するのが大変だった」パルクフェルメでは涙も

MotoGP第8戦ドイツGPで、581日ぶりの勝利を記録したマルク・マルケス。彼はレース終盤には厳しい時期の記憶が頭をよぎり、集中することが難しかったと語った。

復活優勝マルケス「これまでの記憶がよぎって集中するのが大変だった」パルクフェルメでは涙も

 ザクセンリンクで行なわれたMotoGP第8戦ドイツGP。決勝レースではレプソル・ホンダのマルク・マルケスが優勝を果たし、怪我からの復活を印象づけた。

 マルケスは2020年7月のスペインGPで転倒し、右腕上腕骨を骨折。この怪我によって3度の手術が必要となり、2020年シーズンは全休。リハビリを経て、2021年4月の第3戦ポルトガルGPで9ヵ月ぶりの復帰を果たした。

 しかし復帰後すぐは万全とはいかず、右肩の状態に悩まされ続けてきたマルケス。それでもドイツGPの舞台であるザクセンリンクは左コーナーが多いレイアウトのため、彼はこれまでのレースよりはチャンスが有ると感じていた。

Race winner Marc Marquez, Repsol Honda Team

Race winner Marc Marquez, Repsol Honda Team

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 決勝レースが開始されると、マルケスは1周目終わりの段階で首位に浮上。そこからは先頭を譲らず、終盤にかけてはKTMのミゲル・オリベイラからのプレッシャーにも耐えきってトップチェッカー。2019年の最終戦バレンシアGP以来、581日ぶりの優勝を手にした。

 レース後マルケスは、序盤に小雨が降り始めたタイミングで“自分のレースだ”と感じたと語っている。

「ああ、キャリアで最も重要で厳しい瞬間だった。今日は大きなチャンスがあると思っていたんだ」

 マルケスはパルクフェルメで涙ながらにそう語った。

「精神的には簡単じゃなかった。3戦連続ノーポイントで来ていたからね。でも今日は今日だ」

「レースウィーク前には、『オーケー、表彰台争いを目指そう。先頭集団の奴らに近づいていければ』と思っていた」

「優勝の可能性は低いと思っていたけど、完璧な状況ならトライしようと考えていた」

「そして4〜5周目に雨が落ち始めたのを見た時、『これは僕のレースだ』と思った。その時にプッシュして、それ以前と同じレースペースを維持したんだ」

「また雨が降り始めたときにも、僕は“リスクをとる時だ”と思ってプッシュした。そのあたりでリスクを冒して走っていたけど、その後はミゲルとのバトルが始まった」

「彼も凄くプッシュしていたけど、僕は集中力を維持するのが本当に大変だった、去年からここまで、苦しい記憶がよぎったせいでね」

「でもそれをやりきった。僕らは厳しい状況にあるけれど、このレベルを維持していきたい」

 なおマルケスは今回のドイツGP優勝によって、125ccクラス時代からのザクセンリンク通算11連勝を達成した。

 

Read Also:

シェア
コメント
MotoGPドイツ決勝:マルク・マルケス、涙の復活優勝……ザクセンリンクの”王”が帰還果たす
前の記事

MotoGPドイツ決勝:マルク・マルケス、涙の復活優勝……ザクセンリンクの”王”が帰還果たす

次の記事

まさかの最後尾19位……苦境にあえぐビニャーレス「誰も答えを持ち合わせていない」

まさかの最後尾19位……苦境にあえぐビニャーレス「誰も答えを持ち合わせていない」
コメントを読み込む