マルク・マルケス、今季のバイクに適応するのに苦しむ「普通の乗り方で乗ると、すぐクラッシュしてしまう」

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、2021年仕様のバイクは通常のスタイルで乗ろうとすると、すぐにクラッシュしてしまうと語る。

マルク・マルケス、今季のバイクに適応するのに苦しむ「普通の乗り方で乗ると、すぐクラッシュしてしまう」

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、今シーズンこれまで、2ラウンドを欠場しているにも関わらず、全ライダー中最も多い18回ものクラッシュを喫している。

 これについてマルケスは、今まで慣れているスタイルでバイクに乗ると、必ず転倒してしまうと語った。

 マルケスは先週行なわれたアラゴンGPで、最終ラップまでドゥカティのフランチェスコ・バニャイヤと優勝争いを繰り広げた。マルケスは昨シーズンに負った怪我で長期休養。今季復帰を果たしたものの、なかなか上位に進出することができない苦しいレースが続いた。

 しかしドイツGPでは復帰後初優勝を遂げ、アラゴンGPではそれ以来となる表彰台を手にした。このふたつのグランプリには共通点があった。それは、いずれも反時計周りのサーキットであるということ。これにより、怪我をした右腕への負担を軽減することができたのだ。

 レース終了後、マルケスはアラゴンGPで2度にわたってクラッシュしたため、レースに参加するのを警戒していたことを認めた。また、2021年仕様のホンダのマシンは、乗りこなすのが非常に難しいバイクであると言われており、事実ホンダの多くのライダーが苦戦している。

「もちろん、いくつか疑問点があるし、僕らはそれを解決するために取り組んでいるんだ」

 そうマルケスは語る。

「これまでも言ってきたように、ポルティマオでレースに復帰した時、特にバイクの乗り方という部分では、もう少し早く取り戻せると思っていた」

「今のところ思い切り乗ることができない。試してみると、すぐにクラッシュしてしまう。だから別の乗り方を考える必要があるんだ。僕の自然な乗り方ができないんだ」

「でも僕にとっての目標は、競争力を高め、チャンピオンを争うために戦う方法を見つけることだ。同じライディングスタイルではないかもしれないけどね。でも今回示したように、そしてオーストリアでも示したように、ライディングスタイルを変えるということは、遅くなるという意味ではない」

「それは、僕らが速く走ることができるひとつの方法だ。でも僕らはそれ以上の手段を持ち合わせていない。だから、それについては将来試してみることになるだろう」

「でも、それは僕に限ったことではない。バイクを良くするために働き続けなきゃいけないし、チームと共に働き続ける必要がある。少しでも改善できれば、バイクは少し良くなるはずだ。そのために僕らはここに一緒にいるんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
SRTからMotoGP復帰のドヴィツィオーゾ「ヤマハのオファーに“ノー”とは言えなかった」

前の記事

SRTからMotoGP復帰のドヴィツィオーゾ「ヤマハのオファーに“ノー”とは言えなかった」

次の記事

モルビデリ「ヤマハに“貸し”があるわけじゃないけど、昇格に値すると思っていた」

モルビデリ「ヤマハに“貸し”があるわけじゃないけど、昇格に値すると思っていた」
コメントを読み込む