新王者クアルタラロの強さは”安定感”にアリ。マルケス&ドヴィツィオーゾも称賛

マルク・マルケスは、2021年のMotoGP王者となったファビオ・クアルタラロが苦しみながらも安定したパフォーマンスを見せてきたことが、今季の戴冠に繋がったと語った。

新王者クアルタラロの強さは”安定感”にアリ。マルケス&ドヴィツィオーゾも称賛

 2021年シーズンのMotoGPタイトル争いが、第16戦エミリア・ロマーニャGPで決着した。首位を快走していたフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)がまさかのリタイアを喫し、4位でフィニッシュしたファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が新たなチャンピオンに輝いたのだ。

 今季クアルタラロは5勝をマーク。その他5度の表彰台登壇を果たし、唯一全レースでポイントを獲得するなど、抜群の安定感を見せた。3勝を記録しながらも、一貫性を欠きランキング8位に終わった2020年シーズンから、大きな成長を見せたと言っていいだろう。

Read Also:

 バニャイヤの転倒で首位に浮上し、エミリア・ロマーニャGPで今季3勝目を挙げたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、クアルタラロの2021年シーズンを次のように称賛した。

「ああ、今日がどれほど大切な1日だったかを、僕たちはたくさん話し合うことができるよね!」

「でも今日は僕たちの日じゃない。ファビオの日であり、彼がチャンピオンになった日だ。最も速く、最も安定していた、その年最高のライダーのための日なんだ」

「ファビオは信じられないほど素晴らしいシーズンを過ごした。速く、安定していた」

「これは非常に難しいことだけど、彼は苦しんでいるときでも、トップ5や表彰台を獲得してきた」

「彼がそういうことを学んできたからこそ、チャンピオンとして2022年を戦うことができるようになったんだ」

 ペトロナス・ヤマハSRTのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、先月のサンマリノGPでMotoGPに復帰して以来、クアルタラロのデータを研究してきた。ドヴィツィオーゾは、クアルタラロのようにヤマハのバイクを乗りこなしているライダーはいないと語った。

「彼がコース上のどこにいても、いつもあのライディングスタイルを保っているから、彼は安定しているんだ」

「どこでもそういう風に乗れるんだ。グリップがあるから速く走れるというわけじゃない。彼はどんなコンディションでも、どんな温度でも、どんなコースでも、同じように速かった」

「彼はブレーキをかけるのが非常に遅いんだ。それだけなら簡単だけど、彼のように遅くブレーキをかけてバイクを曲げるのは難しいんだ。彼はそれを簡単にやってのける」

「プラクティスでの彼の走りをすべてチェックすると、彼はそれを5~6周続けて、同じことをしていて、ミスも少ない」

「それが、彼がプラクティスごとに改善してきたことだ。そして、常に(グリッド)1列目や2列目を獲得し、どんな状況でも向上しようとやってきたんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
ロッシ、最後のミサノで10位「ファンに最高のさようならとありがとう」愛弟子のタイヤ選択にはお怒り?
前の記事

ロッシ、最後のミサノで10位「ファンに最高のさようならとありがとう」愛弟子のタイヤ選択にはお怒り?

次の記事

ミルのジャンプスタート、原因は“複雑な”スタート手順? 「ローンチコントロールをオンにしてるか不安になって……」

ミルのジャンプスタート、原因は“複雑な”スタート手順? 「ローンチコントロールをオンにしてるか不安になって……」
コメントを読み込む