MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
決勝レース 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
4 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
11 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
25 days

転倒の危険を認識しながら……“不退転”マルケス、アタックを続行

シェア
コメント
転倒の危険を認識しながら……“不退転”マルケス、アタックを続行
執筆:
2019/10/06 3:01

マルク・マルケスは予選Q2でクラッシュを喫したが、彼は転倒する前のブレーキングの時点でその可能性を把握していたと語った。

 MotoGP第15戦タイGPの予選終盤、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は最速タイムを刻みつつ走行していたが、ターン5で転倒。ポールポジションはファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)に譲ることになった。

Read Also:

 転倒したターン5の前、ターン4を通過した際から既にマルケスのマシンは不安定に見えたが、前の周回よりも速いスピードでターン5へ向かっていた。

「バイクはターン4で揺さぶられて、ターン5に差し掛かった時にブレーキキャリパーが開いていた。それでブレーキをかけたんだけど、これまでと同じようにはブレーキングができなかった。そのせいでコーナーによりスピードが出た状態で突入したんだ」

 マルケスは転倒した時の状況をそう語った。

「速すぎることは分かっていたし、気がついていた。だけどもうアタックラップに入っていたんだ」

「だからクラッシュする可能性があることは分かっていたけど、とにかく試してみたんだ」

「ブレーキングポイントに来たとき、もうクラッシュする可能性が高いことを理解していたよ」

 同サーキットのターン5ではこの予選Q2だけで3名が転倒。ポールポジションを獲得したクアルタラロも、転倒を喫した一人だ。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシはターン5について、“バンプ(凹凸)が多く危険だ”と評している。

 このバンプの問題は、初日のセーフティコミッションで議題に上げられ、何人かのライダーが批判していた。ジャック・ミラー(プラマック)などもこのバンプに対して批判的なライダーの一人だ。

 ただ転倒を喫したマルケス本人は、バンプ自体が原因で転倒したわけではなく、自分のミスが原因だと語っている。

「ターン5には小さなバンプがある。だけど問題はバンプではなくて、転倒は僕の失敗だよ」

 またクアルタラロもマルケスに続いてターン5で転倒を喫したが、彼はバンプによって問題が起きたわけではないと語った。

「たしかにそこ(ターン5)には本当に小さなバンプがある。でもバンプがあるのはみんなも同じだ」

「最終的にはライディング中にコーナーへ適応していく。僕としてはそのコーナーは大きな問題じゃないんだ」

「(転倒した時は)ちょっとプッシュしすぎていた。僕らは同じコーナーで転倒したけど、同じ原因で転倒したわけじゃない」

「タイヤのエッジでブレーキングを頑張りすぎた。それでちょっとだけ限界に来てしまったんだ」

Read Also:

次の記事
「方向性が見えてきた」中上貴晶、予選14番手も追い上げのレース目指す

前の記事

「方向性が見えてきた」中上貴晶、予選14番手も追い上げのレース目指す

次の記事

Moto3タイ決勝:アレナス、今季初優勝。日本勢は転倒に巻き込まれリタイア続出

Moto3タイ決勝:アレナス、今季初優勝。日本勢は転倒に巻き込まれリタイア続出
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第15戦タイGP
サブイベント Q2
ドライバー ジャック ミラー , マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Lewis Duncan