MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
12 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
19 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
32 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
39 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
47 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
67 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
75 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
82 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
96 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
102 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
103 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
110 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
124 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
131 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

ロレンソの転倒はある種の“証”……マルケス「ホンダが難しいことの証明だ」

シェア
コメント
ロレンソの転倒はある種の“証”……マルケス「ホンダが難しいことの証明だ」
執筆:
2019/06/29 6:46

オランダGPのFP1でホルヘ・ロレンソがクラッシュしたことが、今年のホンダのマシンが乗りやすいものではない事を証明している、とマルケスは語った。

 MotoGP第8戦オランダGPフリー走行1回目で、ホルヘ・ロレンソ(レプソル・ホンダ)がターン7でフロントを失い転倒。大きくグラベルを転がったロレンソは、胸椎に骨折を負ってしまい、オランダGPの残る日程と次戦ドイツGPを欠場することになった。

 今シーズン、ホンダのファクトリーマシンに乗るライダー全員が、2019年型のマシンは以前のものよりもライディングが難しいと語っており、最も乗りこなしているであろうマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)もアッセンの高速コーナーは“全ての問題がそこにある”と認めている。

「彼(ロレンソ)は苦戦しているように見えるし、また負傷してしまった。そして彼はよりプッシュするたびに転倒しているように見える」

 ロレンソのクラッシュについて訊かれたマルケスはそう答えた。

「彼にとって受け入れるのは難しいかもしれない。だが、ホンダは彼を助けようとしている。ただ、僕はそういった事について考えて時間を浪費することはできない」

「彼のことは心配しているけど、自分の事……何がチームにとって、僕のチャンピオンシップにとってベストなのか、そこにただ集中している。それから、彼のクラッシュは僕らがグリッド上で最も乗りやすいバイクを持っているわけじゃないことを示している。だけど、僕らはランキングでトップにいる。だからこのまま続けていく必要があるんだ」

「カル(クラッチロー)と僕はとても似た見解を持っているし、タカアキ(中上)もそうだ。ホルヘは時々違った方を向いているね。だけど僕らは今、問題の分析、そして改善に取り組んでいる」

「本当だ。このトラックでは様々な問題があるんだ。特に高速コーナーではね。ただ今の所、僕らはこういった場所(7番手)につけることができる。そしてホンダはとても良く取り組んでくれている」

「理解を進めるために、既にいくつか新たなモノを持ち込んでいるんだ」

 LCRホンダのカル・クラッチローも最新型のマシンを走らせているが、彼は2019年型のマシンを最も声を高らかに批判している。そしてクラッチローは、問題の根幹が前期型からの変更の組み合わせだと語っている。

「僕には何が間違っているのかはわからない。僕は技術者じゃないんだ」と、クラッチローは言う。

「彼らが何を変えたのかは分かっているし、目にも見えるよ。だけどそれが必要だということは意味しないはずだ」

「正直、それは多くのことの組み合わせでできるものだ。前も言ったように去年の僕らは、マシンの向きかえ……コーナリングで苦戦していたんだ」

「現実としては今のマシンも去年のマシンも曲がっているように見えるだろうけど、それはマルクが曲げているんだ」

「例えば、彼はムジェロで(ダニーロ)ペトルッチよりも5度か6度は多くマシンを傾けていた。君達もTVで同じコーナーを同じラインで回るのを見れただろう」

「僕らはそれに混乱していて、そしてそれは同じように感じられるんだ。だから、それが僕は“組み合わせ”だと言っている理由だ。ひとつのことが原因じゃないんだ」

「(今シーズン)僕らにはより強力なエンジンがある。ただエンジンブレーキ側ではより難しくなっていることも分かっている」

「今年のマシンの身体的な要求は去年よりも大きい。それと昨年型でさえ、他のメーカーよりもフィジカルを要求していた。エンジンブレーキは一貫性が無いようにみえるんだ」

Read Also:

次の記事
マルケス弟、“Moto2留年”も選択肢に? 最高峰クラスのシートは望み薄か

前の記事

マルケス弟、“Moto2留年”も選択肢に? 最高峰クラスのシートは望み薄か

次の記事

MotoGPオランダFP3:中上貴晶が5番手でQ2進出を確保。トップはクアルタラロ

MotoGPオランダFP3:中上貴晶が5番手でQ2進出を確保。トップはクアルタラロ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第7戦カタルニアGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ 発売中 , マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Lewis Duncan