MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
7 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
14 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
27 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
34 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
42 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
62 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
70 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
77 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
91 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
97 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
98 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
105 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
119 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
126 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

コロナ対策周知もMotoGPライダーの責任! マルケス兄弟、eスポイベントに気合十分

シェア
コメント
コロナ対策周知もMotoGPライダーの責任! マルケス兄弟、eスポイベントに気合十分
執筆:
2020/03/28 7:31

今季からMotoGPクラスへデビューするアレックス・マルケスは、新型コロナに対して自主隔離を行なうことはライダーの“責任”であり、MotoGPのバーチャルレースに参加することもそのためだと語った。

 2020年のMotoGPは新型コロナウイルスのパンデミックの影響を受け、多くのグランプリが延期。現時点では5月中旬までレース再開を待っている状況にある。

 そんな中MotoGPは、ライダーたちが公式ゲームの“MotoGP 19”を使用してレースを行なうイベントを企画。マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)やマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)といったトップライダーも参加する予定だ。2020年シーズンにMotoGP最高峰クラスデビューを果たす予定のアレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)も、兄マルクと共にこのイベントに参加する。

 新型コロナウイルスのパンデミックは今も広がっており、既に世界中で23,000人以上の死者を出すに至っている。各国は感染拡大を抑えるために、厳しい外出制限を課して、お互いに距離をとるように要請している。 

 またマルケス兄弟の母国であるスペインは、死者数が既に中国を上回り、イタリアやアメリカと並び大きな被害を受けている国となっている。

 アレックスはライダーやドライバーには人々に家に留まるように呼びかける責任があり、ファンにレースをもたらすことでそれが達成できると考えていると語った。

「僕らは皆にガイドラインに従って家に留まるよう勧める責任がある。彼らがレースに来ることができない場合でも、僕らは(バーチャルな)レースをもたらすことはできる」

 アレックスはそう語る。

「僕はアドバイスに従って家に留まりながら、皆でこの事態を乗り越えられるように生活やトレーニングを調整している」

「MotoGPの“レースデビュー”は、思い描いていたのとは少し違うようになったけど、どちらにしても楽しみにしているよ」

「普段、MotoGPのゲームを友だちとするときは結構強いから、本当のルーキー、ってわけじゃない。でも他のライダーのレベルを知るのは難しいからね」

 また兄のマルクはこのバーチャルレースについて「ファンに楽しんでもらうための行動を起こせるのは本当に素晴らしいことだ」と語り、短いレースであることからライダー全員がアグレッシブに行くことを期待していると話した。

「誰しもが困難な瞬間を経験している。だからファンの皆に何か行動を起こし、楽しんでもらえるなら、それは本当に素晴らしいことだと思う」と、マルクは言う。

「MotoGPを愛するすべての人のためにこの催しをやっている。このものすごい厳しい日々の中で何か良いモノを届けられたらと思っている。他のライダーやこれを取りまとめてくれたMotoGPに感謝しているよ」

「今は家に留まって、できる限り安全にトレーニングを続けている」

「MotoGPのゲームはアレックスとやって楽しんでいるけど、今はさらに真剣にやらないといけないね」

「どんなレースであれ、ライダーは勝ちたい! レースは6周しかないから、皆全力でプッシュしてアグレッシブに行けると思ってるよ」

「レースをするのが楽しみだよ!」

 なお29日(日)22時から予定されている同イベントは、MotoGP公式サイトやYouTubeなどで配信される予定だ。

→ MotoGP™ Virtual Race | #StayAtHomeGP(Youtube)

 

Read Also:

次の記事
ロッシ、MotoGPバーチャルレース参加中止。イベントは29日深夜に開催予定

前の記事

ロッシ、MotoGPバーチャルレース参加中止。イベントは29日深夜に開催予定

次の記事

MotoGP初のバーチャルレースイベント、勝者は“ルーキー”アレックス・マルケス

MotoGP初のバーチャルレースイベント、勝者は“ルーキー”アレックス・マルケス
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , eSports
ドライバー Alex Martinez
チーム Team HRC
執筆者 Lewis Duncan