ロレンソ後任候補に”マルケス弟”? 兄マルク、喜び示すも肩入れは無し

シェア
コメント
ロレンソ後任候補に”マルケス弟”? 兄マルク、喜び示すも肩入れは無し
執筆:
協力: Oriol Puigdemont
2019/11/16 2:58

マルク・マルケスは、ホンダが弟のアレックス・マルケスを引退するホルヘ・ロレンソの後任候補として挙げていることを聞くと、弟はMotoGPへの準備ができていると話した。

 レプソル・ホンダのホルヘ・ロレンソが、2019年シーズン限りでの現役引退を表明したことで、その後任としてホンダのファクトリーチームのシートを射止めるのは誰か? という点に注目が集まっている。

 ただ、多くの有力ライダーはすでに複数年契約を結んでおり、その他のライダーも既に2020年に向けて契約を固めているため、後任に据えることのできる候補は大きく制限されている状況だ。

 そうした状況の中、LCRホンダで中上貴晶の代役として参戦しているヨハン・ザルコは、言うまでもなくその候補となりうる。彼はホンダのバイクに乗って2戦目で、既にトップ10圏内に入るなど、印象的な走りを見せているのだ。

 しかし、レプソル・ホンダのチームマネージャーであるアルベルト・プーチはザルコ以外、Moto2チャンピオンであるアレックス・マルケスなども選択肢として考慮していると明かした。

「ザルコとアレックスは(候補者)リストに載っている。だがそこには他のライダーも載せられている」と、プーチはまだ誰を後任とするか明確にしていないと話した。

 候補に挙げられたアレックスの兄であるマルク・マルケスは、アレックスが今年のMoto2タイトルを獲得したことを考えれば、MotoGPに昇格しても何も問題ないと考えているようだ。

「ホルヘの引退で、HRCの重要なファクトリーマシンに空きがひとつ発生するのは明白だ」と、マルケスは語った。

「このニュースは皆を驚かせた。ホンダを含めてね。今僕らはより経験豊富なライダーが欲しいのか、それとも若手ライダーにチャンスを与えるのか、彼ら(ホンダ)がどういった戦略を採るべきなのか考える必要がある。そして、アレックスがMoto2チャンピオンなのは知っての通り。若手ライダーを起用するなら、筋道は通っている」

 「彼がMoto2タイトルを勝ち取った後、個人的にだけど、既にどんなことでも準備はできていると思った。だからこれ(MotoGPに上がるか)は彼の個人的な、そしてホンダにとっての決断だ」

 マルケスは弟の誠実な支持者ではあるが、ホンダの決定には影響を及ぼしたくないと話している。

 「僕の夢が、MotoGPで弟とチーム内か別チームで争うことなのは否定しない。彼は可能な限りベストなやり方で取り組み、Moto2でチャンピオン獲得を達成して、MotoGP昇格に値する地位を得たんだ」

「僕はどちらか(ホンダか弟)に肩入れするつもりはない。だけど弟が候補者のリストに載っていることはとても誇らしく思う。もしHRCが興味を持っているなら、そのライダーは100%そのアドバンテージを活かす必要があるんだ」

 なおアレックスのMotoGP昇格にあっては、彼が2020年シーズンに向けて既にマルクVDSと契約延長を決めてしまっている点が問題となる。

 またプーチは、バレンシアGP後に行われる2日間のポストシーズンテストに、ロレンソの後任を間に合わせる事は難しいだろうと語った。

「ライダー(マルク・マルケス)がひとりそこ(バレンシアテスト)にいれば、混乱は無いはずだ。しかしいずれにしろ、ステファン(ブラドル/テストライダー)がテストへ参加するだろう」

Read Also:

次の記事
「ロレンソは“真のチャンピオン”」マルケス、僚友の引退タイミングに敬意示す

前の記事

「ロレンソは“真のチャンピオン”」マルケス、僚友の引退タイミングに敬意示す

次の記事

初日ワンツーヤマハ勢好調。ビニャーレス、1発タイムの改善を目指す

初日ワンツーヤマハ勢好調。ビニャーレス、1発タイムの改善を目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー アレックス マルケス , マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Valentin Khorounzhiy