MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

「2周目に全力プッシュするつもりだった」PP獲得のマルケス、予選のクラッシュを語る

シェア
コメント
「2周目に全力プッシュするつもりだった」PP獲得のマルケス、予選のクラッシュを語る
執筆:
2019/05/19 2:13

フランスGPのポールポジションを獲得したマルク・マルケスは、予選中に喫したクラッシュは自身の戦略の結果だと語っている。

 MotoGP第5戦フランスGPの予選Q2は、雨量が増加したことで、徐々にトラックコンディションが悪くなるという状況に見舞われていた。そのため、セッション序盤の周回が、ポールポジション争いにおける決め手となった。

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、最初のアタックでトップタイムを記録すると、次の周にはクラッシュしてしまう。

 マルケスは、タイムを一度固めた後、2周目にプッシュすることが自身の戦略だったと語っている。

「難しい予選だった。スピードだけでなく、戦略や賢明さ、そしてトラックコンディションの理解といった面でもね」

「コースに出た時すぐ、ウエットタイヤでスタートしたのは、正しい選択だったと分かった。そして雨が強くなってくることも分かったんだ」

「最初の周は少しプッシュして、それでポールポジションには十分だった。それから、2周目(にタイムを出すの)が戦略だったんだ。最初の周に少しプッシュして、2周目には全力を出すつもりだった」

「ターン3まではかなり良かったんだけど、ターン4で転倒してしまったんだ」

 転倒後も、マルケスはマシンを起こして再始動すると、ピットに入らず走行を続ける。

「転倒した時、マシンはかなり良かったと分かったんだ。それからトラックは少し滑りやすくなっていたから、1分41秒より速く走ることはかなり難しい事も分かった」

「明日(日曜日)はおそらくそうしたコンディションでのレースになるだろう。だからマシンのセットアップや乗り方を理解するために走行を続けていた。それでもまだいくつかは改善が必要で、僕はレースの準備のために(コースへ)出ていたんだ」

 また、マルケスは予選の前に行われていたFP4でも、低速ながらターン9で転倒を喫している。その際マルケスはスリックタイヤを装着していた。

 マルケスはその転倒によって混乱していたが、彼の自信を失うことはなかったと語っている。

「プッシュしていたわけじゃない。膝も擦っていなかった。恐らくユーズドタイヤが冷たすぎたんだろう。そうしたタイヤの時は、最初の1〜2周はタイヤを暖めるのが難しいんだ」

「トラックはドライだった。クラッシュで何が起こったのかは分からないが、とても奇妙だった。ただ、何か奇妙だったことが分かっているから、僕が自信を奪われるようなことはなかった」

次の記事
”勇敢な”タイヤ選択をライバルも賞賛。ロッシ「5番手はパーフェクトな結果」

前の記事

”勇敢な”タイヤ選択をライバルも賞賛。ロッシ「5番手はパーフェクトな結果」

次の記事

「Q1の戦略ミスには“ガッカリ”」ザルコ、ポールポジションも狙えたはずと語る

「Q1の戦略ミスには“ガッカリ”」ザルコ、ポールポジションも狙えたはずと語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第5戦フランスGP
サブイベント Q2
ドライバー マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 David Gruz