MotoGP
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

初日6番手のマルケス、実は“体調不良”だった……「妙な乗り方になっていた」

シェア
コメント
初日6番手のマルケス、実は“体調不良”だった……「妙な乗り方になっていた」
執筆:
2019/06/01 3:51

MotoGPイタリアGP初日を6番手で終えたマルク・マルケス。しかし、彼はこの日体調が悪く、普段のようにバイクに乗れなかったようだ。

 レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、MotoGP第6戦イタリアGPの初日FP1をトップタイムで終えたものの、続くFP2では6番手に留まった。ただ、ホンダ最速の座は堅持していた。

 イタリアGPの舞台となるムジェロ・サーキットでは、2014年を最後にマルケスは優勝できておらず、得意と言えるサーキットではないことは確かだ。ただ、マルケスはこの日、体調が悪かったと明かしており、1周の速さには影響しなかったものの、集中力と一貫性が制限されたと話した。

「今日、僕らはセットアップが100%ではなかったことも考慮する必要がある。僕自身も100%の状態じゃなかったんだ」と、マルケスは説明した。

「僕は妙な方法でライディングしていた。体調が悪くて、全てを理解するのは難しかったから、100%集中できなかったんだ。ただ、レースに向けて取り組んでいた」

「身体的に100%の状態ではないとき、特に発熱があったりするときでも、本能に従って速く走ることはできる。だけどマシンを理解すると言う面では、集中力と一貫性が必要なんだ」

「例えば、僕は全てのラップを100%で走ることのできるライダーだ。そして今日は数周だけ100%で走った後、80%程に落とした。反応やその他諸々が普段よりも遅くなったように感じられたからだ。これは危険なことだ」

「これまでの経験が、僕に“少し遅くしろ”と言ってきた。今は金曜日だから、明日はまた違った方法でプッシュしてみるつもりだ」

 一方で、マルケスは木曜日から体調は快方に向かっていると付け加えており、残りの週末に向けて身体の状態が回復することを願っていると話した。

「既に体調が良くなってきているので、良いことだと思う。昨日(木曜日)は最悪の日で、今日は良くなってきているんだ。ただまぁ、時間は必要だけどね」

 また、マルケスと同じように体調不良に苦しむライダーがダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)だ。ペトルッチは初日を総合3番手で終えているが、“非常に弱っている”と感じていると語った。

「体の方でかなり苦労している。ウイルス性疾患に罹っていて、抗生物質を飲んでいるんだ」と、ペトルッチは語る。

「かなり弱っているように感じている。残念だけどいくらか熱もあるしね。雨の中、ここに自転車で来たのは正しい決断ではなかったかもしれない。だけどとにかく、明日も良くなるようにトライするよ」

Additional reporting by Oriol Puigdemont

次の記事
KTMはポル・エスパルガロしか乗りこなせない? ザルコ「ストーナー時代のドゥカティと似ている」

前の記事

KTMはポル・エスパルガロしか乗りこなせない? ザルコ「ストーナー時代のドゥカティと似ている」

次の記事

初日14番手の中上貴晶、タイヤに苦戦「思うようなグリップがなかった」

初日14番手の中上貴晶、タイヤに苦戦「思うようなグリップがなかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第6戦イタリアGP
サブイベント FP2
ドライバー ダニーロ ペトルッチ , マルク マルケス 発売中
チーム Ducati Team 発売中 , Repsol Honda Team
執筆者 David Gruz