完勝で最高峰クラス”五冠”。マルケス「昨年よりストレスが少なかった」

シェア
コメント
完勝で最高峰クラス”五冠”。マルケス「昨年よりストレスが少なかった」
David Gruz
執筆: David Gruz
2018/10/24 10:03

先日行われた日本GPで勝利し、MotoGP最高峰クラス5度目のチャンピオンに輝いたマルク・マルケスは、今季の戦いは昨年よりもストレスが少なかったと語った。

 3年連続、5度目のMotoGPチャンピオンを獲得したマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)は、今季の戦いは昨年よりも「ストレスが少なかった」と語った。

 先日ツインリンクもてぎで行われたMotoGPの日本GP。勝利を収めたのは、レプソル・ホンダのマルケスだった。この勝利によりマルケスは、2018年のチャンピオンに輝いた。

 マルケスはこれでタイトル3連覇。しかも昨年、今年のライバルは、いずれもドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾだった。

 昨年はシーズン最終戦までもつれ込んだタイトル争いだが、今年はドヴィツィオーゾがポイントを逃すことも多々あり、マルケスがリードを保ち……結局3レースを残した日本GPで決してしまった。

 そのマルケスは、今年の戦いは、昨年と比べてストレスが少なかったと評した。

「昨年はもっと大きなストレスがかかっていた。アドバンテージがあまりなかったからだ。プレッシャーもとても大きかった。だから、バレンシアでタイトルを決めた時のアドレナリンは、今年とは全く違っていた」

 マルケスはそう語る。

「いつも言っていることだけど、最終戦はまるで違う。プレッシャーが大きいし、すごく神経質になっている。アドレナリンも違うんだ。もちろん、僕はとても喜んでいる。でも、バレンシアで決めた時とは全然違うね」

 マルケスは今季ここまでに8勝。完走したレースはすべて表彰台に上がるという高い安定性を発揮した。しかも、ノーポイントに終わったのは、わずか2レースのみだ。

「ポイント表を確認した時、20、25、20、25、20、25……となっているのが見えた。シーズン前には、この一貫性を達成しようとするために、本当に懸命に働いたんだ」

「これは去年、ドヴィから学んだことだ。彼は状況を的確にコントロールしていた。そして今年の僕らは、本当に素晴らしい仕事をした」

「時々、バイクが持っている以上の力を、僕が引き出すことがある。でも逆にバイクが僕に力を与えてくれる時もある。この歩み寄りは、シーズンを通じて一貫性を保つのにとても良かったんだ」

「正直に言って、僕はムジェロで苦しんだ。そして、そこでシーズン中唯一のミスを犯した。大きなミスだった。それ以外はシーズン中、僕はとてもコンスタントにいることができた。それが鍵だったと思う」

 今年の戦いぶりにより、マルケスはさらに自信を深めている様だ。

「僕はより成熟している様に感じる。そして非常に競争力のあるバイクでシーズンをスタートすることができた」

「去年は、バイクからあまり良い感触を得ることはできなかった。たくさんクラッシュもした。でも今年は別の形でマネジメントし、毎週末、異なるコースであっても、安定したペースを見つけることができたんだ」

次の記事
「マルケスはスペシャルな仕事をした」ドヴィツィオーゾ、王者を賞賛

前の記事

「マルケスはスペシャルな仕事をした」ドヴィツィオーゾ、王者を賞賛

次の記事

ザルコ「型落ちバイクは限界に到達した」日本GP敗因はスタートにあらず

ザルコ「型落ちバイクは限界に到達した」日本GP敗因はスタートにあらず
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 David Gruz