MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
7 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
28 days

「ヤマハ勢が心配だった」マルケス、ライバルを警戒も“杞憂”に終わる

シェア
コメント
「ヤマハ勢が心配だった」マルケス、ライバルを警戒も“杞憂”に終わる
執筆:
2019/08/05 1:13

第10戦チェコGPで優勝を果たしたマルク・マルケスだが、序盤から100%プッシュしていたと話しており、また、ヤマハ勢の追い上げを心配していたという。

 MotoGP第10戦チェコGPはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)の独壇場で幕を閉じた。

 予選では、ウエットからドライへと路面が変化していく難しいコンディションだったが、マルケスはスリックタイヤでのアタックを成功させ、2番手に2.5秒の大差をつけてポールポジションを獲得した。

Read Also:

 決勝は、スタート直前に通り雨に見舞われたこともあり、トラックが乾くまで開始が遅れることとなったが、そこでもマルケスは強さを発揮した。1周目をトップで終えると、マルケスはそこから一度も先頭を譲ること無く走り続け、最終的に約3秒のギャップを築き、ライバルにバトルを仕掛ける機会すら与えないまま優勝を手にしたのだ。

 フリー走行やウォームアップの結果を踏まえると、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)と、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハ)の2名が、マルケスに最も近いライバルだと考えられていた。しかし両者ともレースでマルケスを捉えることはできなかった。クアルタラロは12秒差の7位に終わり、ビニャーレスはスタートの失敗が響き、10位でレースを終えた。

 マルケスは「最初から最後まで、100%の全力でプッシュしていたよ。ヤマハ勢が少し心配だったからね」と、ライバルのパフォーマンスを警戒していたことを認めた。

「彼らは僕の後方からのスタートだった。だけどウォームアップセッションでは彼らはとても速かった。特にビニャーレスとクアルタラロだ。最終的には、バレンティーノ(ロッシ/6位)が(ヤマハ勢で)一番だったけどね」

「終盤、タイヤが急激にタレることを予想していた。でも、他のライダーも同じようにタイヤがタレると思ってもいた。ただ、僕は良い形でタイヤを管理することができたんだ」

 マルケスは、チームが朝のウォームアップセッション後にマシンセッティングを徹底的に改めたことで、レースに“全く新しいバイク”で挑んだようだったとも語った。

 だが、それでもマルケスはポールポジションからリードする、という自身の戦略を実施できる“確信”が依然としてあったと話した。

「レースは難しかった。特にグリッドについて、それからピットボックスへ戻らなくちゃならなかった時なんかはね」

 レース開始のディレイについてマルケスは、そう振り返った。

「だけど、僕には戦略についての確信があって、それが僕に特別なフィーリングを与えてくれた。上手い形でスタートを切れて、最初から最後までプッシュできると自信があった。それが僕のやったことだよ」

「レースには”新しいバイク”で臨んだ。完全に新しいセットアップを施していたんだ。ウォームアップでのフィーリングが最高ではなかったから、僕らはマシン(セットアップ)を完全に変えることに決めた」

「チームは本当に素晴らしい仕事をしてくれて、何が問題なのかを理解できたよ」

 レース中盤の12周目、マルケスはターン10のブレーキングで一瞬バランスを崩す場面があったが、それでも2番手のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)に接近は許さず、むしろその後の3周でギャップを2.2秒にまで広げていた。

 彼はこの瞬間が、レースで優勝を掴むために“最も重要なポイント”だったと話した。

「残り10周か11周の頃が、さらにプッシュし始めた時だ。ドヴィが僕の後ろにいるのは分かっていたからね。それで(プッシュし始めると)ギャップが0.4秒、0.5秒、0.6秒と広がるのが見えた、だからそこがベストを尽くす瞬間だったんだ」

「(ターン10での)あの瞬間の後の3、4周がレースで最も重要なポイントだったね」

Read Also:

次の記事
MotoGPチェコGP決勝:マルケス、独走優勝でランク首位を盤石に。中上は9位入賞

前の記事

MotoGPチェコGP決勝:マルケス、独走優勝でランク首位を盤石に。中上は9位入賞

次の記事

「”エレガント”じゃない!」転倒のモルビデリ&ミル、ザルコの動きを批判

「”エレガント”じゃない!」転倒のモルビデリ&ミル、ザルコの動きを批判
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント 第10戦チェコGP
サブイベント Race
ドライバー マルク マルケス 発売中
チーム Repsol Honda Team
執筆者 Lewis Duncan