ヤマハの”不正”に、アレックス・マルケスも持論「ライダーたちも知っていたはず」

レプソル・ホンダのアレックス・マルケスは、ヤマハが行なった不正は、ライダーたちも知っていたはずだと主張した。

ヤマハの”不正”に、アレックス・マルケスも持論「ライダーたちも知っていたはず」

 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は、7月に行なわれたMotoGP第2戦スペインGPで、ヤマハがMSMA(モーターサイクルスポーツ製造者協会)の承認を得ずに技術的な変更を加えたエンジンを使用したとして調査を実施した。

 その結果、ホモロゲーションされていないバルブが使われたことが判明したため、ヤマハはコンストラクターズポイントを50点剥奪、チームポイントについてもファクトリーチームが20点、ペトロナス・ヤマハSRTが37点剥奪というペナルティを受けた。

 一方でライダーに対するペナルティは出されなかった。そのため一部の関係者は不満を持っており、スズキのチームマネージャーであるダビデ・ブリビオは、ヤマハ勢がタイトルを獲得するようなことがあれば、チャンピオンシップに”影を落とす”ことになると指摘している。

 バレンティーノ・ロッシは新型コロナウイルスに罹り2戦を欠場したこともあってタイトル争いに絡めていないが、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)はランキング2番手、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)がランキング3番手、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)がランキング4番手と、ロッシ以外のヤマハ勢は上位に名を連ねているのだ。

Read Also:

 ヤマハは、スペインGPで使用されたエンジンバルブが、シーズン前にホモロゲーションを取得したバルブと同じ設計を使用して製造されたモノであり、内部の見落としが今回の違反につながったと主張している。またクアルタラロ、ビニャーレス、モルビデリはいずれも、スペインGPで使用したエンジンが違法なものだとは知らなかったとコメントしている。

 しかし、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)は、ヤマハのライダーたちも何が起きているかを知っていたはずだと考えている。

「結局のところ、はっきりしているのは彼らが不正を行なった、あるいはレギュレーションの範囲から逸脱したということだ」

 そうマルケスはヤマハについて語った。また、ライダーたちがレギュレーション違反を知らなかったと主張していることについて、本当は知っていたはずだと語った。

「『知らなかった』という言い訳は常に存在するけど、ファクトリーはとてもオープンであり、ライダーはどんなエンジンを使っているか知っているものだ」

「全てを知っているし、最新の情報を入手している。ライダーとしては、彼らがエンジンをとりつけたり、外して保管したりする時に常に目を光らせていて、自分が使っているエンジンを常に意識しているものだ」

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾも同様にヤマハへの裁定が「理解できない」と不満を持っている。

 仮にヤマハ勢がスペインGPで失格となっていた場合、ドヴィツィオーゾは3位から1位に繰り上がっていたはずで、現時点でポイントリーダーと28ポイント差のランキング5番手にいるドヴィツィオーゾにとっては大きな追い風になっていただろう。

「裁定に逆らわないことで合意したようにも見える、各メーカーの戦略が理解できない」

「全ての詳細を知っているわけじゃない。でも、僕にはとても奇妙に思える」

Read Also:

シェア
コメント
転倒もフロントロウを獲得……中上念願の表彰台へ「戦う準備はできている」

前の記事

転倒もフロントロウを獲得……中上念願の表彰台へ「戦う準備はできている」

次の記事

Moto2ヨーロッパ決勝:ベッツェッキ今季2勝目。ロウズ転倒で王座争いは再び混沌

Moto2ヨーロッパ決勝:ベッツェッキ今季2勝目。ロウズ転倒で王座争いは再び混沌
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Lewis Duncan