MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
2 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
9 days
R
チェコGP
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
22 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
29 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
37 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
57 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
65 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
72 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
86 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
92 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
93 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
100 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
114 days
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

プラマック・ドゥカティ、Moto2のマルティンに興味。ジャック・ミラー後任候補に

シェア
コメント
プラマック・ドゥカティ、Moto2のマルティンに興味。ジャック・ミラー後任候補に
執筆:
協力: Germán Garcia Casanova
2020/05/25 6:40

2021年にジャック・ミラーがプラマックからドゥカティファクトリーへ移籍すると見られているが、その後任を巡ってホルヘ・マルティンとエネア・バスティアニーニが有力候補として浮上している。

 MotoGPは新型コロナウイルスの影響によりシーズンが中断されているが、来季以降に向けた移籍市場は動きを止めていない。スズキとヤマハは既にライダーラインアップを決定しているが、ドゥカティについてはまだ交渉がまとまっていない。

 現在判明している情報ではアンドレア・ドヴィツィオーゾとの交渉は条件を巡って停滞。一方でダニーロ・ペトルッチに代わって現プラマックのジャック・ミラーがドゥカティファクトリー入りするという情報もある。

 25歳のミラーは昨年優勝こそ無かったものの、勢いに乗っており表彰台を5回獲得。昨シーズン終盤戦ではペトルッチを上回る結果を示していた。

 そしてミラーがドゥカティファクトリー入りすることになれば、プラマックのシートが空き、若手がMotoGPへと昇格する道が開けることになる。

 中でもドゥカティが興味を持っているのは現在Moto2を戦うホルヘ・マルティンとエネア・バスティアニーニだと考えられている。

 バスティアニーニは昨年のMoto2ではルーキーながらランキング10位を記録。同じくルーキーのマルティンも3ポイント差で11位に続いている。さらにマルティンは表彰台も2度獲得している。

 特にマルティンについてはMotoGPクラスのライダーズマーケットでも逸材だと考えられており、ホンダとKTMが獲得に興味を持っていると考えられている。

「MotoGPチームが興味を持ってくれているとしたら、それは適切なことをしていたからだろう」

 マルティンはMotoGPの公式サイトにそう語った。

「ドゥカティのマシンは僕の今のライディングスタイルに合う、より適応できるバイクだ。KTMはブレーキをものすごく遅らせて、早くアクセルを開けることを強いてくるバイクだ」

 プラマックのチーム代表フランチェスコ・グイドッティもマルティンを狙っていることを認め、さらに他メーカーも彼に興味を持っている中でドゥカティが契約を結ぶことは“ミラクル”だと語った。

「ホルヘ、(ロレンソ)バルダッサーリ、バスティアニーニ、アレックス・マルケスそしてホルヘ・ナヴァッロがリストアップされていた」と、グイドッティは若手ライダーへの興味を語っている。

「ここ数日、多くのジャーナリストがホルヘ・マルティンについて電話をかけてきた。正直に言って、それはドゥカティが新たなライダーと契約することで、私の知る限りまだ誰とも完了はしていない」

「確かにホルヘ・マルティンは2年前にMoto3でホンダのバイクでタイトルを獲って、ホンダの影響を受けている。それにホンダは、KTMが彼と契約したことにとても怒っていたが、彼のことは取り戻すだろうと考えている。KTMが手放すかどうかはわからないが」

「仮にドゥカティがマルティンと契約できたなら、それは奇跡だと思う。彼を手に入れるために、彼らは勇敢かつ賢くなければならない」

 プラマックのシートに関しては、フランチェスコ・バニャイヤも2020年で契約が満了となる。しかしバニャイヤは来年もプラマックに残留することが濃厚だ。

「ペッコ(バニャイヤ)だが、我々は彼がMotoGPでの自信をより持てるように、もう1年時間を与える必要があると思う」

「今年レースが再開されても、シーズンはとても奇妙なものになると思うから、彼は我々のところに留まるに値すると思う」

 

Read Also:

次の記事
「リスクをとらせ、ミスを犯させろ!」唯一“勝った男”ロレンソの打倒マルケス術

前の記事

「リスクをとらせ、ミスを犯させろ!」唯一“勝った男”ロレンソの打倒マルケス術

次の記事

WSBK参戦のラズガットリオグル、MotoGPからも熱視線。ファクトリーチームなら転向も?

WSBK参戦のラズガットリオグル、MotoGPからも熱視線。ファクトリーチームなら転向も?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー エネア バスティアニーニ , ホルヘ マルティン
チーム Pramac Racing
執筆者 Rachit Thukral