初PP獲得のホルヘ・マルティン、「決勝は決勝。トップ6争いできれば」と浮足立たず

MotoGP第2戦ドーハGP予選でポールポジションを獲得したホルヘ・マルティンだが、彼は今回が“勝利する日”だとは思わず、“学びの1日”になると非常に謙虚な姿勢を見せた。

初PP獲得のホルヘ・マルティン、「決勝は決勝。トップ6争いできれば」と浮足立たず

 開幕戦と同じくロサイル・インターナショナル・サーキットを舞台に行なわれているMotoGP第2戦ドーハGP。その予選でルーキーながらポールポジションを獲得したホルヘ・マルティン(プラマック・ドゥカティ)は、決勝レースに向けて非常に冷静な姿勢で臨んでいる。

 マルティンは予選Q2へ直接進出を決めると、序盤から果敢なアタックで暫定トップに君臨。ラストアタックでチームメイトのヨハン・ザルコやマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)といった実力者がタイムを更新する中、自己ベストを更に更新する1分53秒106をマークして、デビュー2戦目にして早くもポールポジションを獲得してみせた。

 ルーキーによるポールポジション獲得は2019年のファビオ・クアルタラロ(当時ペトロナス・ヤマハSRT)以来。また2番手にザルコが並んだことで、ドゥカティ陣営としては2018年のアラゴンGP以来の予選ワンツーとなった。

 素晴らしい予選結果を残したマルティンだが、彼は5番手近辺の結果を予想していたと認めている。そしてポール獲得という結果にも関わらず、決勝に向けて落ち着いた姿勢を崩していない。

「なんて言ったら良いか、フィーリングを説明するのが難しいよ」

 マルティンはMotoGPクラス初のポールポジションについてそう語る。

「最初の出走ではミル(ジョアン・ミル/スズキ)の後ろにいたんだけど、すごく自信が感じられた。つまり彼をとても早く捕まえられたんだ。それで『オッケー、もっと速いバイク(を追うこと)が必要だ』と思ったんだ」

「僕としてはペッコ(フランチェスコ・バニャイヤ/ドゥカティ)の後ろが良いと思っていた。でも彼はあまり改善していなかったから、『今がやる時だ、僕が誰なのかを示す時だ』と考えた。それでもポールを獲れるとは思っていなかった。4〜5番手くらいだと思っていたんだ」

「フィニッシュラインを超えたときに僕はタイムシートの先頭にいた。信じられないものだったし、素晴らしいよ。明日は明日だ。僕が勝利する日ではなく、また学びの日だよ」

「トップ6を争うことができれば素晴らしいだろうし、とてもハッピーだ」

 チームメイトのザルコは惜しくも2番手とマルティンに一歩及ばなかったが、マルティンのポールポジション獲得に驚かされたと語っている。

「(予選には)かなり満足している。1分53秒台前半はフロントロウに並ぶためのターゲットタイムだったんだ。1分53秒2のタイムが出た時はポールポジションも期待したよ」

 ザルコはそう語る。

「でも89番が、チームメイトがポールポジションだと分かったときには少し驚かされた」

「でもとにかく満足している。プラマックにとっては完璧すぎる形だからね。ポールポジションと2番手を獲るのは単純に喜ばしいことだし、素晴らしい。FP3では僕は混乱したくなかったから(バイクに)乗らなかった。風はとても強く、砂が舞っていたから、FP4を待っていい仕事をするのがよかったんだ」

「僕らはこうした風の中でも良い速さを示すことができる。でもハイペースを保つのは結構難しいかもしれない。現時点ではビニャーレスのほうが僕らより良いペースがあると思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
バレンティーノ・ロッシ、MotoGPキャリア最低の予選21番手に沈む……「全く力強さがなかった」
前の記事

バレンティーノ・ロッシ、MotoGPキャリア最低の予選21番手に沈む……「全く力強さがなかった」

次の記事

エスパルガロ弟「何が起こっているのか分からない」バイクの挙動変化に翻弄される

エスパルガロ弟「何が起こっているのか分からない」バイクの挙動変化に翻弄される
コメントを読み込む