MotoGP オランダGP

バニャイヤの速さに、まさにお手上げ! 決勝も2位のマルティン「今日のレースは言い訳もできない」

プラマックのホルヘ・マルティンは、MotoGPオランダGPで優勝したフランチェスコ・バニャイヤには何もできなかったと語った。

Francesco Bagnaia, Ducati Team, Jorge Martin, Pramac Racing, Enea Bastianini, Ducati Team

Francesco Bagnaia, Ducati Team, Jorge Martin, Pramac Racing, Enea Bastianini, Ducati Team

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 MotoGPオランダGPでスプリント、決勝共に2位となったホルヘ・マルティン(プラマック)は、優勝したフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)に何もできなかったと語った。

 マルティンは、金曜フリー走行からバイクのフィーリングに苦しんでおり、トップ10に入れたことに驚いていた。

 予選ではポールポジション争いに加わったマルティンだったが、バニャイヤを上回ることはできず、レースでも完璧な走りを見せたバニャイヤに屈する形となった。

 マルティンはレースを振り返り、予選で他車の妨害によって受けた3グリッド降格ペナルティが無くても、勝利するチャンスはなかっただろうと語った。

 ペナルティによってチャンスを失ったと思うかと聞かれ、マルティンは「いいや、そんなことはないと思う」と答えた。

「今日、僕に1位になるチャンスはなかったと思う。今週末と言ってもいいかもしれない」

「予選はもう少しだったかもしれない。ラップタイムを少し改善することはできたかもしれないけど、レースでは不可能だった」

「ペッコ(バニャイヤ)は別次元だった。ペナルティがなければ何かが変わっていたかもしれないし、もしかしたら序盤に何か手を打てたかもしれない。分からないよ」

「でもペナルティを受けたんだから、それについて話す意味はない」

 実際、マルティンは決勝のスタートで良い蹴り出しを見せ、3番手に浮上。オープニングラップを2番手で終えており、ペナルティで下がった分は早々にリカバリーしていた。

 マルティンは「難しい週末だった。少なくとも金曜日と土曜日の朝はそうだった」と付け加えた。

「昨日(スプリント)の表彰台は変えることができたかもしれない。フィーリングが良くなかったんだ。でも今日は言い訳できない」

「ペッコ(バニャイヤ)にはおめでとうと言いたい。彼は別次元のライディングだったからね」

「僕はパーフェクトだと感じていた。感触は本当に良くて、ラップタイムを見たらその速さに驚いたよ。それでも彼には毎ラップ、コンマ何秒かずつ離されていった」

 一方で今季5勝目を挙げ、ケーシー・ストーナーがドゥカティで挙げた23勝に勝利数が並んだバニャイヤは、今週末の調子を考えれば、優勝しなければならないというプレッシャーがあったことを認めた。

 ただ彼は、そうしたプレッシャーを気にしなかったと語った。

「確かに、本当に素晴らしい瞬間だ。でも、2021年のシーズン終盤も、2022年のシーズン中盤も、昨年の開幕戦もそうだった」

「マシンのフィーリングが素晴らしいということは何度もあったんだ」

「どんなときでも自分たちのポテンシャルを完璧に理解していると思うし、うまく機能すれば毎回優勝争いができると分かっている」

「そして今回のような週末を過ごすことができるんだ。それが僕にモチベーションをもたらしてくれる」

「自分のペースや週末を通してやってきたことを踏まえて勝たなければならないと誰もが言うレースをスタートするとき、2番手というポジションはすでにロスなんだ」

「だからプレッシャーという点では大きくなるけど、僕は気にしなかったし楽しんだ。このコースは大好きだし、速く走るのも大好きだ。だから、ただすべてを楽しんだよ」

 

前の記事 マルク・マルケス、タイヤ内圧違反で10位に降着。あえて抜かせてコントロールも、接触で努力が水の泡に
次の記事 アレックス・マルケス、グレシーニと契約延長。2026年までチームに残留「僕の目標は常にベストに近づくこと」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本