MotoGP オランダGP

ホルヘ・マルティン、オランダGP決勝で3グリッド降格ペナルティが決定。VSバニャイヤで痛手か?

プラマックのホルヘ・マルティンはMotoGPオランダGPの決勝レースで、3グリッド降格のペナルティを受けることとなった。

Jorge Martin, Pramac Racing

 プラマックのホルヘ・マルティンはMotoGP第8戦オランダGPの決勝で、3グリッド降格のペナルティを受けることが決まった。

 マルティンは2日目に行なわれた予選で、2番手タイムを記録。スプリントレースでは2位フィニッシュを果たした。

 ただその後マルティンには予選中のスロー走行で、他ライダーの走行を邪魔したという判断が下され、決勝レースでの3グリッド降格ペナルティが科されることになった。

 問題となったのは、予選Q2終盤となる残り3分頃の場面だ。マルティンはターン1に向けて減速し、ターン5ではマルティンとラウル・フェルナンデス(トラックハウス)が軽く接触しつつ交錯するシーンが捉えられていた。これはその直前にあったスロー走行による妨害への、当てこすりだったようだ。

 FIMによる発表ではスロー走行による実際の妨害があったのはターン2~3とされており、マルティンの無責任な走行だったと判断が下った。その結果、前述のように決勝レースでの3グリッド降格処分となった。

 マルティンはスプリントレースでフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)に敗れた結果、タイトル争いにおけるリードを15ポイントに縮められた。

 決勝ではバニャイヤがポールポジションからスタートする一方で、マルティンはペナルティで5番手スタートとなる。マルティンとしてはこれ以上バニャイヤに接近されないためにも、追い上げが必須のレースとなりそうだ。

 

前の記事 バニャイヤ、スプリントをポール・トゥ・ウィンで完勝。マルケスは転倒リタイア|MotoGPオランダGP
次の記事 マルケス「縁石で跳ねてしまった。避けるべきだったミスは腹立たしい」転倒リタイアにフラストレーション溜める

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本