マルティン「アプリリアのことはシーズン後ね」2024年のタイトル争いに集中

ホルヘ・マルティンは2025年に移籍するアプリリアについて、今はあまり思考をそちらに割くことなく、2024年シーズンの残るレースに集中したいと語った。

Jorge Martin, Pramac Racing

写真:: Gold and Goose / Motorsport Images

 ホルヘ・マルティンは2025年にアプリリアへと移籍する。トップライダーのひとりであるマルティンとアプリリアの組み合わせに今から注目が集まっているものの、彼はまずは2024年シーズンに集中したいと改めて語った。

 マルティンはプラマックで長くドゥカティ陣営の一員として戦ってきたが、2025年のドゥカティファクトリーチーム昇格の可能性がなくなったことで、アプリリアへの移籍を決めた。

 アプリリア自体は近年競争力を上げており、今シーズンはアメリカズGPでマーベリック・ビニャーレスが勝利している。そこにマルティンが加わることで、どんな変化が起こるのか……今から注目されている。

 ただマルティンは今シーズンもタイトル争いをリードするなど、主役のひとりとして活躍中。それだけに、アプリリア移籍後のことは考えず、今の戦いに集中したいと語っている。

「アプリリアの件はまだ(考えるには)早すぎるよ」と、マルティンは言う。

「来シーズン、僕としても良いチームにするためにすべきことは間違いなくあると思う。でもあまりそれに深入りはしたくないんだ。まだ12戦が残されているし今シーズンは長い。それに集中したいんだ」

「バレンシアGPの後にはこのプロジェクトに集中し、素早く適応と勝利を試みていく時間が取れる。でもまだ先の話だよ」

「正直に言って、(アプリリアの)バイクは凄く能力が高いと思う。オースティンではマーベリックが別次元にあったよね。ポテンシャルは凄く良い物があると思うし、あのバイクで何ができるか、様子を見てみよう」

 あくまでもタイトル獲得を目指すマルティンだが、それは自らを選ばなかったドゥカティへのあてつけではなく、自分の結果を追い求めてのものだと語る。

「当然、ナンバー1を獲得しようというモチベーションは、それを別ブランドへ持ち込むためじゃなくて、自分が勝ちたいからに過ぎない」

「ビジネスの問題だと思うよ。ドゥカティは彼らの考えを持っていて、マルク(マルケス)を獲得したかったわけで、僕も自分の考えでアプリリアへ行きたかった」

 そう語るマルティンは、アプリリア加入の判断において同チームのアレイシ・エスパルガロの存在が影響を与えたわけではないと語る。なおマルティンとエスパルガロは親密な関係を築いている。

「僕は自分の人生に関わる決断を、他の人に下させたくはないと思っている」

「もちろん情報は求めていたし、向かっている先のことを理解したいとも思っていた。僕が下した決断は、最初に考えたものだったんだ」

「(エスパルガロの存在が)契約で手助けになったのはある。僕らは同じマネージャーが担当になっているから、ちょっとした変更をしただけだった。でもこの決断は100%僕が下したものだ」

 

前の記事 転倒続出のプラクティス、ビニャーレスが新レコードで最速。マルケス大クラッシュで途中切り上げ|MotoGPドイツGP
次の記事 マルケス、ドイツGP初日転倒で左手人差し指を骨折。「胸の打撲の方が心配」とも語る

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本