MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ドイツGP
18 6月
-
21 6月
Canceled
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
17 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
9 days
R
アンダルシアGP
24 7月
-
26 7月
次のセッションまで……
16 days
06 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
29 days
R
オーストリアGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
36 days
R
スティリアGP
21 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
44 days
R
イギリスGP
27 8月
-
30 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
64 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
72 days
R
カタルニアGP
25 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
79 days
02 10月
-
04 10月
Canceled
09 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
93 days
15 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
99 days
R
アラゴンGP
16 10月
-
18 10月
次のセッションまで……
100 days
R
オーストラリアGP
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
テルエルGP
23 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
107 days
R
マレーシアGP
29 10月
-
01 11月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
121 days
R
アメリカズGP
13 11月
-
15 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
128 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
-
22 11月
Canceled

ベスト・オブ・ジャック・ミラー! 表彰台5回の好調ミラー、2019年に満足

シェア
コメント
ベスト・オブ・ジャック・ミラー! 表彰台5回の好調ミラー、2019年に満足
執筆:
2020/01/02 6:36

プラマックのジャック・ミラーは、MotoGPでの2019年シーズンが、2014年にMoto3でタイトル間近だったときよりも絶対に良いシーズンだったと考えている。

 プラマックのジャック・ミラーは2019年に5回の表彰台を獲得するなどドゥカティ移籍2年目に好成績を残してきた。そして、Moto3でランキング2位を獲得した2014年よりも良いシーズンだったと考えているようだ。

Read Also:

 ミラーは2014年にMoto3のKTM ajoチームへ加入し、6勝を挙げてチャンピオン争いを展開。しかし最終的にアレックス・マルケスにわずか2ポイント差で破れ、タイトルには手が届かなかった。

 2015年には、ミラーはMoto2クラスを飛び級して一気にMotoGPクラスへ昇格。LCRホンダに加入して最高峰クラスデビューを果たした。

 3年間ホンダ陣営でMotoGPを戦ったミラーは、2018年からプラマック・ドゥカティに移籍。2019年にはファクトリースペックのマシンを獲得して5回の表彰台を獲得するなどの活躍を見せた。そして最終的にランキング8位に食い込み、ドゥカティファクトリーチームのダニーロ・ペトルッチまで僅か11ポイント差にまで近づいていた。

 こうしたシーズンを振り返って、これまでのキャリアの中でどう評価するかをミラーに訊くと、彼は次のように答えた。

「間違いなく、2019年の方が良い。(ランク2位を獲った)2014年よりも良いくらいだよ。(2019年は)ミスは少なくし、ライディングの面でもより冷静さを持てた。それは結果に反映されていると思う」

「そうしたところに僕は取り組んできた。もちろんチームもだし……僕とチームの間には素晴らしく理解した関係があるんだ」

「来年もこのチームでやっていくことが待ちきれない。2年以上同じチームに居るのは初めてのことで……だから“家にいるみたいにすごす”だけで良いんだ」

 2020年シーズンもミラーは変わらずプラマックから参戦。マシンもファクトリースペックの最新型の供給を受ける。

 既にミラーはバレンシアテストで2020年型のプロトタイプシャシーを試しているが、彼はそのテストを通じて新型シャシーはコーナリング時に手助け助けしてくれると感じたようだ。

 彼は2020年型のマシンに何か気に入らない点はあったかと訊かれると、こう答えた。

「いいや、無いよ。バレンシアテストみたいに(最終戦から)連続で新しいバイクを試すようなときはいつも妙に感じるけど、それはシーズンを通じて乗ってきて、終盤には(それまでのバイクに)素晴らしいフィーリングを持っているからだ」

「全てがちょっと奇妙に感じられる。でも僕らはポジティブな点を見つけようとして、今ではポジティブな点の大半を見つけたと思う。どういう状況かを理解したんだ」

「新しいバイクはヘレスのようなサーキットみたいな、流れるような高速コーナーで助けになるだろう。でもそれは現時点ではただの推測だ。僕はヘレスでは新型を試していないからね」

「バレンシアテストでは改善が見られた。もっとセットアップを詰める必要があったけど、テストは時間が限られているんだ」

「でも彼ら(ドゥカティ)は前進していると思う。ドヴィ(アンドレア・ドヴィツィオーゾ/ドゥカティ)やスタッフは自信があるように見える。どうなるかを見てみようと思う」

Read Also:

次の記事
Moto3バレンシア決勝:鈴木竜生、悔しい4位。ガルシアがキャリア初優勝

前の記事

Moto3バレンシア決勝:鈴木竜生、悔しい4位。ガルシアがキャリア初優勝

次の記事

Moto3カタール予選:鈴木竜生、開幕戦で幸先良いポールポジション獲得!

Moto3カタール予選:鈴木竜生、開幕戦で幸先良いポールポジション獲得!
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
ドライバー ジャック ミラー
チーム Pramac Racing
執筆者 Lewis Duncan