「ライバルの進化は“予想以上”だった」ジョアン・ミル、苦々しい思いで苦境認める

スズキのジョアン・ミルは王座防衛に臨んでいる2021年シーズンで苦戦しているが、ライバルの進歩が想像以上だったと認めている。

「ライバルの進化は“予想以上”だった」ジョアン・ミル、苦々しい思いで苦境認める

 2020年にMotoGP王者となったスズキのジョアン・ミル。彼は王座防衛をかけた2021年の戦いでは前半戦を未勝利、ランキングでも55ポイント差の4番手という成績で折り返した。

 ミルは2021年シーズンの苦戦について、2020年シーズンからバイクの進歩が足りておらず、現状ではタイトル防衛に十分なパッケージではないと指摘していた。

Read Also:

 2021年シーズンは、新型コロナウイルスの影響によってアプリリアとKTM以外のメーカーはエンジン開発が凍結。2020年と同じモノを使用することになっている。しかしミルはエンジンの開発凍結が大きな影響を及ぼしているとは考えておらず、他の開発が許される部分で、他メーカーが進歩してきたことが大きいと見ている。

「ああ、僕としては(エンジンの)開発凍結はウチの助けにはなっていないと思うけど、それのせいで悪くなるわけでもない。もちろん凍結がなければエンジンも進歩できていただろうけれどね」

 ミルはそう語る。

「でも、他の部分は改善が可能なんだ」

「オフシーズン中、スズキはバイクに大きな改善を見出すことができなかったことの方が、より問題だと思う」

「それが真の問題なんだ。普段、スズキの哲学は僕も共有しているけど、彼らはまっさらな新バイクは持ち込まないんだ」

「プレシーズンテストで、ホンダやヤマハ、ドゥカティ、アプリリアやKTMが全然違うバイクを持ち込んでくるのは見たことがあるだろう」

「それでもスズキは普通、全くの新しいバイクは持ち込まない。ウチは新シャシー、新スイングアーム、エンジンといったように、ステップ・バイ・ステップで段階的にバイクを進歩させようとするんだ」

「普段はこれが上手くんだけど、(今季は)何かをしなくちゃいけない」

「それからライバルメーカーがこれほど大きな進歩を見せてくるとは予想していなかった、そう言わざるを得ない」

「僕はそうは予想していなかったし、おそらくスズキもだろう。この事がより難しくしているんだ」

 なおスズキには、MotoGP復帰時から体制を作ってきたチームマネージャーのダビデ・ブリビオが、2020年シーズンをもって離脱するという変化もあった。ただミルは彼の離脱によって成績に影響が及んだことについては否定している。

Joan Mir, Team Suzuki MotoGP

Joan Mir, Team Suzuki MotoGP

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 8月からMotoGPの後半戦が開始されるが、ミルはライバル勢が使用しているリヤに作用するホールショットデバイスの導入を望んでいる。また序盤戦で苦戦していたKTMが新シャシーの導入をきっかけに改善してきたことから、スズキも同じように改善していけるという期待を寄せた。

「KTMが一気に前進してきたのを目の当たりにしている。オリベイラ(ミゲル・オリベイラ)やビンダー(ブラッド・ビンダー)も努力して、今は複数のレースで勝利を争っているんだ」

「僕らが見落としているものが何かあるはずだ。皆が(リヤに作用する)ホールショットデバイスを持っている中、スズキはそれ無しというビハインドの状態でスタートしている。だから現時点では加速の点では不利がある」

「スズキがより速くなるための新パーツを持ち込みはじめてから、どうなるか様子を見てみよう。僕は、そうなれば強くなれると思っている」

 

Read Also:

シェア
コメント
アプリリアに足りない“パワー”、今季中に改善できる? エスパルガロ「2022年を待つ必要はない」

前の記事

アプリリアに足りない“パワー”、今季中に改善できる? エスパルガロ「2022年を待つ必要はない」

次の記事

「無いとは言えない」WSBK王者ジョナサン・レイ、ペトロナスSRT加入&MotoGP転向否定せず

「無いとは言えない」WSBK王者ジョナサン・レイ、ペトロナスSRT加入&MotoGP転向否定せず
コメントを読み込む