王者ジョアン・ミル、タイトル防衛には少なくとも2勝が必要? 「それ無しに守れたら驚きだ」

現MotoGP王者のジョアン・ミルは、2021年シーズンにタイトルを防衛するためには少なくとも2勝することが必要だろうと語っている。

王者ジョアン・ミル、タイトル防衛には少なくとも2勝が必要? 「それ無しに守れたら驚きだ」

 MotoGP2020年シーズンの王者であるスズキのジョアン・ミル。彼はタイトル防衛に挑んでいる今シーズン、11戦を終えた段階で表彰台を3回獲得し、ランキングではトップから47ポイント差の4番手となっている。

 タイトル争いで遅れをとってしまっている状況にあるミルだが、彼は今シーズン王座を防衛するためには、2〜3勝はする必要があると考えており、もしそれ以下でタイトルを守りきれたなら、驚きだとも語った。

「僕らはチャンピオンを獲得するためには2勝か3勝することが必要だと思う」

 ミルはそう語る。

「今後は僕らにとってより好ましい、良いレース会場も控えている。だから幾つかのレースでは(優勝する)チャンスが有ると思っている」

「だけど重要なのは今回のようにバイクに乗り続け、改善を続けること、そしてレースで勝つことなのは確かだ」

「タイトルを勝ち取るためには、少なくとも2回は勝たなくてはならないだろうと思っているし、それが鍵だろう。もし2勝もせずにタイトルを守れたら驚くだろうね」

 なお第11戦オーストリアGPで、ミルは4位フィニッシュ。終盤に雨が強まったことで波乱の展開となったが、彼は優勝したブラッド・ビンダー(KTM)のように、スリックタイヤで走行を続けることが正しい選択だったと考えている。しかし自分については、チャンピオンシップ争いの状況も考慮してしまったという。

「ああ、正直に言うと残りは3周しかなかったから、ステイアウトしようと思っていた。そうしていたら、ビンダーと優勝争いができていたかもしれない」

「だけどその一方で、自分はトップグループに含まれていた。ファビオ(クアルタラロ/ヤマハ)、バニャイヤ(フランチェスコ・バニャイヤ/ドゥカティ)といった僕の直接のライバルがいたんだ。彼らがピットに入るのを見れば、僕の選択は簡単に決まった。ついて行く、それだけだ」

「でも残り3周しか無いのに、僕らは何をしているんだと思う瞬間もあった。ただ恐らくあの瞬間コースにとどまろうとも、ピットインして乗り換えようとも、それは勝つための選択だったという意味では同じだと思う」

「もちろん、僕が違うポジションにいたなら、ステイアウトを決めていただろう。ビンダーは間違いなく正しい選択をとったと思う。だけどポイントなどの側面についても考えて、適切な選択をとることも必要なんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
初優勝よりもハッピー! ホルヘ・マルティン、初フラッグ・トゥ・フラッグで3位に喜びひとしお
前の記事

初優勝よりもハッピー! ホルヘ・マルティン、初フラッグ・トゥ・フラッグで3位に喜びひとしお

次の記事

最後の1周が運命の分かれ道? 表彰台目を前にしてミスを犯したエスパルガロ、「たった1分運が悪かっただけ」

最後の1周が運命の分かれ道? 表彰台目を前にしてミスを犯したエスパルガロ、「たった1分運が悪かっただけ」
コメントを読み込む