MotoGP

王座防衛目指すスズキのジョアン・ミル、“勝利無し”の滑り出しも予想通り?

スズキのジョアン・ミルは2021年シーズンが開始して以来まだ優勝が無いが、王座防衛について不安はないと語っている。

 2020年のMotoGP王者であるスズキのジョアン・ミル。彼は2021年シーズンのこれまでの4レースで勝利を挙げることができていないが、タイトル防衛に不安は持っていないと語った。

 MotoGPに昇格して2年目にしてチャンピオンに輝いたミル。しかし王座防衛のシーズンが始まると、彼は開幕戦カタールGPで4位と、表彰台を逃してしまった。チャンピオンを獲得した翌シーズンの開幕戦で表彰台を逃したのは、2006年王者であるニッキー・ヘイデン以来だ。結局、ミルのシーズン初表彰台は第3戦ポルトガルGPまで待つ必要があった。

 ヘレス・サーキットで行なわれた第4戦スペインGPでミルは5位。チャンピオンシップ争いではフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)から17ポイント差の4番手となっている。

 だがミルはこうした2021年シーズン序盤の展開と、その先のタイトル防衛に気を取られることはないと主張している。

「タイトルについては全然心配していない。ポイントランキングには注目していないしね」と、ミルは言う。

「今の僕は1戦1戦に100%の力で挑んで、最大限のポイントを持ち帰ろうとしている。僕らよりも強いライダーがいるのも認識しているよ」

「シーズンがこうした形で始まるのも、もっといえば更に厳しい始まりになることも予想していた」

「僕は去年チャンピオンシップを優勝することができた。そして、去年のヘレスではもっと遅くて、それがツケになっていた」

「今年のカタールでは表彰台を争って、ポルティマオでそれを獲った。僕としては良いシーズンだと思っている……僕らに何を期待していたんだ? 全勝かい?」

「上手くやっていると思うし、目標は毎レースごとに100%の力を出していくことだ。今回の最大限の結果は5位だったんだ」

 ミルはスペインGPについて、スズキGSX-RRの最高速が不足しており、前方のライダーをブレーキングでオーバーテイクすることに手こずってしまったと語っている。

「ここで起きたことは他のどのチームでも起こりうることだ。でも特にヤマハとスズキにはオーバーテイクするだけのパワーが無いから、より起こりやすいとも思う」とミル。

「他のライダーの後ろに留まっていると、まるで壁のようなんだ」

「コンマ5秒後ろにつけていると、バイクを減速させるのにフロントタイヤがオーバーヒートしてしまって、タイヤをもっと使いたくても使えないんだ」

「少しフラストレーションが溜まるものだけど、ヘレスでこういう事が起こるのは初めてじゃない。温度が高いともっと問題になってくるんだ」

「問題があったのは僕ひとりじゃないとも思うよ」

「前方に誰もいなければ、ラップタイムをもっと改善できたと100%確信している。だから予選位置を改善しなくちゃならない」

「ジャック(ミラー/ドゥカティ)は恐らく僕らよりもいいペースがあったわけじゃないと思う。彼は僕たちのことを“賢く”負かしてきたんだ」

Read Also:

前の記事

乱立する“仕様違い”がホンダ理解の妨げに? エスパルガロ弟「パッケージが悪いのか自分が悪いのか……混乱する」

次の記事

バニャイヤ、初めてのチャンピオンシップ首位! でも「今から考えると遅くなるかも」と目の前のレース見据える

最新のビデオ

新着ニュース一覧

My Personal Information

Motorsport Network

part of

アプリをダウンロード