MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました

スズキ、来季は優勝常連に? リンスが新型エンジンに“ポジティブ”評価

シェア
コメント
スズキ、来季は優勝常連に? リンスが新型エンジンに“ポジティブ”評価
執筆:
2019/11/24 3:13

ジョアン・ミルは予選での速さ、もしくはトップスピードをしっかりと改善することが、2020年にスズキが優勝常連候補となる鍵だと考えている。

 2019年のスズキは、アレックス・リンスが2勝を挙げるなど、着実に競争力伸ばしてきた。しかし、1周のアタックラップでは苦戦しており、リンスのフロントロウ獲得回数がわずか1回に留まっていることからも、それは明らかだと言えるだろう。

 またスズキはドゥカティやホンダに比してトップスピードで遅れを取っており、その点も彼らの弱点となっている。このふたつはジョアン・ミルが2020年に向けて改善したいと考えている点でもある。

「シャシー部分では、僕らは1周のラップを改善する必要があって、もっと上手く新品タイヤを使えるようにしないといけない。ここが改善しないといけない部分なんだ」と、ミルは語った。

「エンジンの方はドゥカティとホンダに近づくためにも、もう少しトップスピードが必要だ。結局はトップスピードか予選を改善する必要があって、どちらも難しいんだ」

「そういった部分を改善できたなら、おそらく僕らは全てのレースで優勝を争えるだろう。だけどそれ(最高速と1周タイム)が現時点では障害となっている」

 最終戦バレンシア後に行なわれたポストシーズンテストに、スズキは新型エンジンを持ち込んだ。リンス、ミルは共にポジティブなフィードバックを返しており、リンスによると加速とトップスピードが改善されているようだ。

「テスト2日間での作業にはかなり満足している」と、リンスは言う。

「どの領域でも(新型エンジンで)失っている所は無いように見える。直線と加速で少し改善しているんだ」

「このトラックで違いをはっきりと見るのは簡単じゃない。ただ僕の感覚では快適で、速く走る事ができた。改善の余地はまだあるけどね」

 チーム代表であるダビデ・ブリビオは、今後の開発予定について明かしており、ヘレステストではエンジン、2020年2月のセパンテストでは新型シャシーに集中していく予定だという。

「バレンシアテストはポジティブな物だった。我々は新型エンジンがポジティブな改善を示していることを確認できた」

 ブリビオはそう語った。

「ライダーふたりは従来型と新型を連続で試すと、ポジティブなフィードバックを返してきた」

「この2日間でいくつかのセッティングも行なっており、このシーズンの間に代替として用意されたパーツをチェックしたんだ。いくつかのことを理解するのにはとても役に立ったよ」

「今重要な事は、ヘレスに行って再びチェックを行なうことだ。改善されたという完全な裏付けを得ることが重要だ」

「そしてシャシー周りのより多くの物はセパンを待つことになる。今はより多くの“パワー”や最高速を望んでいたことで、エンジン部分に仕事を集中しているが、見た所大丈夫そうだ」

「シャシー側については、我々のバイクはそう悪くないが、それでもいくつか改善したい部分があるんだ」

Read Also:

次の記事
ペドロサ・ライディングスクール開講。ブラッド・ビンダー、侍の助け借り習熟

前の記事

ペドロサ・ライディングスクール開講。ブラッド・ビンダー、侍の助け借り習熟

次の記事

チームタイトルを“はなむけ”に……マルケス、ロレンソ引退に花添える

チームタイトルを“はなむけ”に……マルケス、ロレンソ引退に花添える
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント Valencia November testing
サブイベント Wednesday
ドライバー アレックス リンス , ジョアン ミル
チーム Team Suzuki MotoGP
執筆者 David Gruz