サンマリノGP:好調ドゥカティが初日ワンツー。中上貴晶15番手

シェア
コメント
サンマリノGP:好調ドゥカティが初日ワンツー。中上貴晶15番手
David Gruz
執筆: David Gruz
2018/09/08 2:55

サンマリノGPの初日フリー走行が行われ、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾが総合トップとなった。

 MotoGP第13戦サンマリノGPの初日が行われ、ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾが2度のセッションでトップタイムを記録した。

 フリー走行1回目(FP1)は、以降のセッションで天候の悪化が懸念されたため、序盤からタイム計測を行うライダーが多かった。

 ドヴィツィオーゾは序盤をリードしたが、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)もタイムを上げ、1分33秒406というタイムで残り7分までトップをキープした。

 終盤にはホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)がトップに立つが、さらにドヴィツィオーゾが2周連続でタイムアップし、1分32秒608を記録。首位でセッションを終えた。

 他のライダーも終盤にタイムを更新、カル・クラッチロー(LCRホンダ)が2番手、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスが3番手となった。タイムを上げなかったマルケスは13番手。LCRホンダの中上貴晶は17番手だった。

 続くFP2は天候がなんとか保ち、ドライコンディションのままで45分のセッションが行われた。

 マルケスは2度のアタックで1分32秒537をマーク。FP1のトップタイムを上回り、そのままセッション残り2分までトップをキープした。

 最後のアタックでタイムを上げたのは、FP1と同じくドゥカティのドヴィツィオーゾとロレンソ、クラッチロー、ビニャーレスといった面々。中でもドヴィツィオーゾは1分32秒198を記録し、ロレンソに0.160秒差をつけてトップとなった。

 ホームレースとなるバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)は、FP1ではトップ10圏外だったものの、FP2では8番手となり現時点で予選Q1免除の対象となっている。

 中上は15コーナーで転倒を喫し、トップと1.076秒差の総合15番手となった。

【リザルト】MotoGP第13戦サンマリノGP:初日結果

次の MotoGP ニュース
ロレンソ、マルケスの”握手拒否”ロッシを批判「反応が子供じみている」

前の記事

ロレンソ、マルケスの”握手拒否”ロッシを批判「反応が子供じみている」

次の記事

サンマリノ予選:ロレンソ圧巻レコードPP。マルケス転倒、中上19番手

サンマリノ予選:ロレンソ圧巻レコードPP。マルケス転倒、中上19番手
Load comments

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 David Gruz
記事タイプ フリー走行レポート