MotoGPミサノテスト2日目:アプリリアのエスパルガロがトップ。KTM新人のガードナー&フェルナンデスが参加

MotoGPのミサノ公式テスト2日目が行なわれた。この日のトップタイムはアプリリアのアレイシ・エスパルガロだった。

MotoGPミサノテスト2日目:アプリリアのエスパルガロがトップ。KTM新人のガードナー&フェルナンデスが参加

 ミサノ・サーキットで行なわれているMotoGP公式テスト。9月22日のテスト2日目では、アプリリアのアレイシ・エスパルガロがトップタイムを記録した。

Read Also:

 サンマリノGP終了後の公式テストでは、各メーカーが2022年シーズンに向けた開発や、ミサノ・サーキットでの2レース目(エミリア・ロマーニャGP)に向けた調整などに勤しんだ。

 テスト2日目の注目のひとつに、2022年シーズンにテック3・KTMからMotoGPクラスへ昇格予定のレミー・ガードナーとラウル・フェルナンデスの2名がテストに参加したことがある。

 彼らはダニーロ・ペトルッチとイケル・レクオナと入れ替わる形でこのテストに参加。ガードナーは47周、フェルナンデスは51周を走り込んだ。なおガードナーは午前中のセッション終了間際に転倒を経験している。

 その2日目のタイムではフェルナンデスがガードナーを一歩リード。フェルナンデスが2日目の総合22番手、そこから約0.7秒遅れの25番手にガードナーがつけた。

 他メーカーのライダーでは、アレイシ・エスパルガロがアプリリアRS-GPの開発作業を継続しつつ、好タイムをマーク。午前、午後ともにトップタイムで2日目を終えている。なおチームメイトのマーベリック・ビニャーレスは初日に転倒で思うように周回を重ねられなかった反動か、午前午後ともに最多周回数を記録した。

 ヤマハ勢も新型YZR-M1の評価を進めており、ファビオ・クアルタラロは2022年型プロトタイプのM1と現行のマシンで、様々なセッティングを試していた。

 サンマリノGPから”ペトロナス・ヤマハSRT”の一員としてレースへ復帰したアンドレア・ドヴィツィオーゾもM1への適応を進めており、ライディングスタイルの改善が必要な点を探っていたようだ。

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Francesco Bagnaia, Ducati Team

Photo by: Dorna

 ドゥカティも同様にマシン開発を継続しており、新型のフェアリングなどを試験。2日目のセッションでフランチェスコ・バニャイヤは午後にタイムを記録しなかったが、午前中に記録したタイムでこの日総合2番手に並んでいる。

 サンマリノGPでMotoGP初表彰台を獲得したばかりのエネア・バスティアニーニ(エスポンソラマ)は、午前中のセッションで転倒。午後の走行には参加しなかった。

 またヨハン・ザルコ(プラマック)は腕上がりの症状改善の手術を受け、テスト2日目は欠席。次戦アメリカズGPには参加する見込みとなっている。

 スズキも2022年向けのエンジンとシャシーをテスト。ジョアン・ミルが2日目3番手に入っている。

 ホンダ勢はファクトリーチームのマルク・マルケスとポル・エスパルガロが、2022年型のプロトタイプマシンで走行。ポル・エスパルガロは午後の終盤に技術的なトラブルにも見舞われたが、6番手タイムを記録している。

 LCRホンダの中上貴晶は最終的に4番手タイムを記録してテスト2日目を終えた。

 

Read Also:

ミサノテスト2日目 午後

Pos Rider Bike Time Gap Laps
1 Aleix Espargaro Aprilia 1:31.584   37
2 Takaaki Nakagami Honda 1:31.735 0.151 23
3 Joan Mir Suzuki 1:31.873 0.289 33
4 Fabio Quartararo Yamaha 1:31.974 0.390 33
5 Maverick Vinales Aprilia 1:32.035 0.451 52
6 Pol Espargaro Honda 1:32.105 0.521 37
7 Marc Marquez Honda 1:32.151 0.567 36
8 Jack Miller Ducati 1:32.166 0.582 26
9 Luca Marini Ducati 1:32.201 0.617 28
10 Brad Binder KTM 1:32.202 0.618 44
11 Alex Marquez Honda 1:32.259 0.675 44
12 Michele Pirro Ducati 1:32.331 0.747 29
13 Alex Rins Suzuki 1:32.352 0.768 32
14 Jorge Martin Ducati 1:32.624 1.040 12
15 Miguel Oliveira KTM 1:32.898 1.314 24
16 Dani Pedrosa KTM 1:32.959 1.375 31
17 Franco Morbidelli Yamaha 1:32.978 1.394 28
18 Andrea Dovizioso Yamaha 1:33.027 1.443 32
19 Valentino Rossi Yamaha 1:33.656 2.072 12
20 Lorenzo Savadori Aprilia 1:34.043 2.459 38
21 Raul Fernandez KTM 1:34.360 2.776 17
22 Remy Gardner KTM 1:35.086 3.502 14

ミサノテスト2日目 午前

Pos Rider Bike Time Gap Laps
1 Aleix Espargaro Aprilia 1:31.599   45
2 Francesco Bagnaia Ducati 1:31.664 0.065 39
3 Joan Mir Suzuki 1:31.707 0.108 35
4 Jack Miller Ducati 1:31.798 0.199 55
5 Takaaki Nakagami Honda 1:31.887 0.288 44
6 Pol Espargaro Honda 1:31.926 0.327 52
7 Fabio Quartararo Yamaha 1:31.959 0.360 44
8 Maverick Vinales Aprilia 1:32.002 0.403 57
9 Miguel Oliveira KTM 1:32.136 0.537 47
10 Luca Marini Ducati 1:32.156 0.557 34
11 Brad Binder KTM 1:32.175 0.576 39
12 Marc Marquez Honda 1:32.246 0.647 33
13 Alex Marquez Honda 1:32.278 0.679 46
14 Alex Rins Suzuki 1:32.371 0.772 45
15 Jorge Martin Ducati 1:32.412 0.813 22
16 Michele Pirro Ducati 1:32.491 0.892 32
17 Franco Morbidelli Yamaha 1:32.635 1.036 10
18 Andrea Dovizioso Yamaha 1:32.830 1.231 47
19 Valentino Rossi Yamaha 1:32.842 1.243 30
20 Enea Bastianini Ducati 1:32.975 1.376 10
21 Dani Pedrosa KTM 1:33.373 1.774 22
22 Raul Fernandez KTM 1:33.988 2.389 34
23 Sylvain Guintoli Suzuki 1:34.141 2.542 33
24 Lorenzo Savadori Aprilia 1:34.367 2.768 22
25 Remy Gardner KTM 1:34.641 3.042 33

 

シェア
コメント
ドヴィツィオーゾ、久々に乗ったヤマハの“特別さ”指摘「クアルタラロは“クレイジー”な何かをしている」
前の記事

ドヴィツィオーゾ、久々に乗ったヤマハの“特別さ”指摘「クアルタラロは“クレイジー”な何かをしている」

次の記事

中上貴晶「最も思い出深いレースはMoto2初優勝」グランプリ通算200戦越えの日本人は初

中上貴晶「最も思い出深いレースはMoto2初優勝」グランプリ通算200戦越えの日本人は初
コメントを読み込む