MotoGP インドGP

ベッツェッキ、インドGP独走勝利の鍵は初日のオーバーラン祭り? 「限界を掴んだことがチャンスになってくれた」

VR46のマルコ・ベッツェッキは、MotoGPインドGPで見せた独走優勝には、金曜日のフリー走行で何度もミスを犯しバイクの限界を把握できたことが役に立っていたと振り返った。

Marco Bezzecchi, VR46 Racing Team

 今年初開催となったMotoGPインドGPは、VR46のマルコ・ベッツェッキによる独走優勝で幕を下ろした。彼は今回見せた圧倒的な速さには、初日のフリー走行などでバイクの限界を把握できたことが大きいと話している。

 ベッツェッキは予選でポールポジションを獲得してレースに挑むと、スタートでこそポジションを落としたものの、オープニングラップのうちに先頭に浮上。以降はハイペースで走り続けてライバル達をぐんぐんと引き離し、最終的に約9秒の大差を築いて優勝した。

 スプリントレースではターン1でチームメイトのルカ・マリーニと接触があり、大きくポジションを落としたベッツェッキ。その際も5位まで追い上げるなど速さがあることは明らかだったが、決勝での独走ぶりもまた驚きのものだった。

 レース後、ベッツェッキはインドGP初日の走行中に、何度もオーバーランを喫しながら限界を見つけることができた点が、決勝でライバルに差をつけることになったと振り返った。

「このコースはブレーキングがタフだから、そこに集中していたんだ」とベッツェッキは言う。

「バイクを減速させるのが難しいコンディションでね、フロントタイヤは何度もロックさせていた」

「それでブレーキングに集中していたんだ。普通だとペッコ(フランチェスコ・バニャイヤ/ドゥカティ)やホルヘ(マルティン/プラマック)がどのコースでもその部分で差をつけてくるんだ」

「金曜日に、僕は何度もミスをしてまっすぐ進んでしまったり、何度もワイドに膨らんだりしていた。でもそれは限界を見つけるためだったんだ。一度限界が分かればその動きでいけるし、速く走るためのチャンスになってくれた」

「土曜日にはすでにバイクに素晴らしいフィーリングがあったんだ。他のライダーと比較しても差を生み出せる事に気がついていたけど、ホルヘも印象的だった。そして、今日も簡単じゃなかった」

「勝つのは何時でも素晴らしいし、それが1000分の1秒差であれ、8秒、9秒差であっても素晴らしい。良かったよ」

Marco Bezzecchi, VR46 Racing Team

Marco Bezzecchi, VR46 Racing Team

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 ベッツェッキはスタートでポジションを落としたあとの状況に関しては、とにかくフロントタイヤが重要だったため、他のライダーの後ろで走ることによる影響を避けるためにも、前に出ようとしていたと説明している。

 なおインドGP決勝ではポイントリーダーのバニャイヤが転倒。レースをノーポイントで終えたことで、タイトル争いは2番手のマルティンとの差が13ポイントまで急接近した。ランキング3番手のベッツェッキとのギャップは44ポイントとなっており、彼にもまだ十分チャンスがあるといえる数字だ。

「チームからは何も教えられていなくて、レース後に(バニャイヤの転倒を)知ったんだ」

 ベッツェッキはそう語る。

「大型ビジョンか何かで見たと思うんだけど、定かじゃない。チェックする時間がなかった。でもその後パルクフェルメで教えてもらったんだ」

「彼にとっては残念だろう。でも僕はチャンピオンシップ争いについてあまり深く考えていないんだ。正直に言ってね。ただとても強いホルヘや彼と(タイトルを)争える可能性が大きくなってきたのは良い事だ」

「僕としてはそれは光栄だし、シーズン終了まで全力を尽くすよ」

 

前の記事 インドGPで確変したホンダ、好調の理由はミステリー? マルケスはコースレイアウト要因と指摘
次の記事 クアルタラロ、久々の表彰台獲得も「フラストレーションが溜まる」VSマルティンの敗北に不満

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本