MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

ヤマハからの評価は“最低”だと感じていた……モルビデリ「今年の結果で上がれば良いな」

フランコ・モルビデリは2020年シーズン開始当初、ヤマハが2019年型の供給を決めたことで、「最も低い評価」をされたと感じたことは隠しようのない事実だと語った。

ヤマハからの評価は“最低”だと感じていた……モルビデリ「今年の結果で上がれば良いな」

 MotoGP2020年シーズンにおいて、ライダーズランキング2位を獲得したペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリ。彼は今年、ヤマハ勢では唯一最新型ではなく“Aスペック”と称される実質的には2019年型のバイクを走らせていた。

 しかしそれにも関わらず、モルビデリは前述のようにランキング2位を獲得。最新型を走らせるチームメイトのファビオ・クアルタラロと同じ3勝をマークし、ヤマハ勢トップでシーズンを終えるという、素晴らしい結果を残した。

 モルビデリはAスペックのバイクについて“良いパッケージ”だと賞賛。しかし同時に、ヤマハが旧式マシンの供給を決めたことで、自身の評価が下げられているようにも感じたと認めている。

「チームには心からおめでとうと思っている。それから今年は僕はおそらく4番目の強さだと感じていたのは隠せないけど、良いパッケージを供給してくれたヤマハには凄く感謝している」

 モルビデリはそう語った。

「今年の序盤から、僕らは今のマシンから最大限のモノを引き出すことができていた。実際、それ(2019年型)はとても上手く機能してくれた」

「とてもいい仕事ができたし、今年は多くのことを、そしてハードワークが報われるということを学んだ1年だった」

 ヤマハは自分の能力を過小評価していたと感じているのか? そうモルビデリに尋ねると、彼はそれを否定。ヤマハ勢には強力なライダーが揃っていることの結果だと語った。

「いや、僕は過小評価されているとは感じていないよ」と、モルビデリ。

「ヤマハには強いライダーが3人いることは分かっているし、誰に何を与えるか……その選択はとても難しい。ヤマハのライダー全員がとても、とても強いんだ。だから僕は自分が過小評価されているようには感じていない」

「僕はおそらく、ヤマハ勢の中では最も低い評価を受けていたんだろう」

「今年のチャンピオンシップの結果で、僕の評価や地位がヤマハの内部で上がると良いなと思う。それが僕の望んでいることだ」

「でも過小評価されているとは感じなかった。いや、単にヤマハ内部では素晴らしいライバル関係があって、レベルが高いというだけだよ」

「ヤマハのライダーは全員が本当に、本当に強いんだ。バレンティーノ(ロッシ)は物凄い経験を持っているし、ライディングやセッティングも凄いんだ」

「ファビオは“超”速いし、マーベリック(ビニャーレス)も同じように速い。だからライダーみんなが強くて、それでライダー間で凄い争いがあるんだ」

「だからそう(過小評価されていると)は感じなかった。それでいいんだ」

 なおモルビデリは2021年シーズンに関しても、ファクトリースペックのバイクではなく、Aスペックのバイクを使用することになる予定だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
マルケス弟、LCRへの移籍で“経験値リセット”は無い? 落ち着いた環境に期待覗かせる

前の記事

マルケス弟、LCRへの移籍で“経験値リセット”は無い? 落ち着いた環境に期待覗かせる

次の記事

“今季最高の1台”はチャンピオンマシン? それとも……読者が選ぶ2020年ベストマシン

“今季最高の1台”はチャンピオンマシン? それとも……読者が選ぶ2020年ベストマシン
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー フランコ モルビデリ
チーム Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Lewis Duncan