MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
13 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
19 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
20 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
27 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
41 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
48 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

モルビデリ初表彰台は「“兄貴”ロッシのおかげ」と感謝。ロッシも弟子の活躍に喜び

シェア
コメント
モルビデリ初表彰台は「“兄貴”ロッシのおかげ」と感謝。ロッシも弟子の活躍に喜び
執筆:

フランコ・モルビデリはチェコGPでキャリア初表彰台を獲得したが、良き指導者としてのバレンティーノ・ロッシの助けがあったおかげだと語った。

 フランコ・モルビデリは2018年にMotoGPクラスへデビューしたが、今季のMotoGP第4戦チェコGPでキャリア初の表彰台を獲得した。彼はこの表彰台は指導者であるバレンティーノ・ロッシのおかげだと語っている。

Related videos:

 モルビデリはチェコGP決勝を2番グリッドからスタートすると、オープニングラップで先頭に躍り出て、以降12周に渡ってレースをリード。

 最終的にはブラッド・ビンダー(KTM)にオーバーテイクを許してしまったものの、MotoGPクラスで参戦3年目にして初の表彰台を手にした。

 モルビデリはロッシの主催するVR46アカデミーから初めて最高峰クラスへと足を踏みいれたライダーであったが、彼はこの結果にたどり着くにあたって、いかにロッシの存在が大きなものだったかを語った。

「僕がここにいるのは、ほとんど彼(ロッシ)のおかげだ。彼は僕が無名だった頃から僕のことを信じてくれたんだ」

 モルビデリはそうロッシの貢献を語った。

「だから、同じレースを戦っているのはちょっと妙な状況だとは思う。だけど最終的にレースが終われば、彼は僕の素晴らしい友人だ。彼は僕の叔父のようでもあり、それ以上に兄貴のような存在なんだ」

「レース後にはただ彼とハグをしたかったし、アカデミーのライダーみんな……そこにいる(アンドレア)ミーニョ、(セレスティーノ)ビエッティ、(マルコ)ベッツェッキともハグをしたかった。素晴らしい瞬間だったよ」

 師匠であり叔父、そして友人であり兄貴と評されたロッシも、モルビデリの表彰台獲得を誇りに感じているようだ。ロッシは冬季テストから強さを示していたモルビデリにとって、表彰台は“当然のものだ”と語った。

「フランコのことは誇りに思う。彼は素晴らしいレースウィークを過ごし、素晴らしいレースをしたよ」

 ロッシはmotorsport.comにそう語った。

「彼はいつも速く、そして強かった。今年は冬季テストから彼が非常に強かったから、表彰台は当然のことだ」

「フランコ、そしてすべてのアカデミーのライダーのことを誇りに思う。彼らがとてもいい仕事をしていると思うし、マネージメントやトレーニングだけでなく、いいチーム、いいバイクを見つけられるようにサポートして彼らを助けてきたんだ」

「フランコにペッコ(フランチェスコ・バニャイヤ)……MotoGPには良いバイクが沢山はないから、かなり難しい。でも僕らは彼らを良いバイクのある良いチームへ送り出すことができた。彼らも彼ら自身の価値を実際に示せると思う」

「彼らは非常に強いと思っているし、この先(チャンピオンシップの)主役になれると思うよ」

 

Read Also:

「僕にできなかったことをやり遂げた」ザルコ、KTMで勝利のビンダーを称賛

前の記事

「僕にできなかったことをやり遂げた」ザルコ、KTMで勝利のビンダーを称賛

次の記事

MotoGP初勝利は偶然じゃない! KTMボス、ペドロサら開発部隊称える

MotoGP初勝利は偶然じゃない! KTMボス、ペドロサら開発部隊称える
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント チェコGP
ドライバー フランコ モルビデリ , バレンティーノ ロッシ
チーム Drive M7 SIC Racing Team
執筆者 Lewis Duncan