『レーシングインシデント』で済ませるな? モルビデリ「誰かがツケを払う」

MotoGP第5戦オーストリアGPでヨハン・ザルコと大クラッシュを喫したフランコ・モルビデリ。彼は、“レーシングインシデント”として問題を処理することが多発していると主張。誰かがいつかツケを払うことになると警告している。

Franco Morbidelli, Petronas Yamaha SRT

写真:: MotoGP

 MotoGP第5戦オーストリアGPの決勝レースでは大きなクラッシュが発生した。高速コーナーのターン2でフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)は自身を追い抜いたヨハン・ザルコ(アビンティア)のリヤタイヤと接触し、両者は転倒してしまった。

 彼らのクラッシュはそれだけに留まらず、グラベルで止まりきらなかったマシンがターン3に無人の状態で飛んでいってしまい。ヤマハのマーベリック・ビニャーレスやバレンティーノ・ロッシの鼻先を横切った。この無人のマシンがほんのわずかでも遅くターン3に到達していたなら、非常に深刻な2次クラッシュとなっていただろうことは想像に難くない。

Read Also:

 幸いなことにそうした事態は避けられ、モルビデリも深刻な怪我を追うことはなかった。なおこの事故についてはレーシングインシデントとされ、第6戦スティリアGP前に聞き取りが行なわれる予定ではあるが、ペナルティなどは科されていない。

 しかしモルビデリはこうした“レーシングインシデント”として問題を処理することが問題なのではないかと、自身のSNSで見解を発している。

「僕らは木曜日に話し合いをするだろう。それは確かだ」と、モルビデリは言う。

「ふたりのライダーがクラッシュすると、それはよくあることだとして、“レーシングインシデント”と呼んで状況を解決するのが習慣になっていると思う」

「だけどこの“レーシングインシデント”は時速310キロメートルで起こったんだ。とても幸運にも、僕らは無事だった。だけど誰かがそのミスのツケを払わなくてはいけないんだ」

 モルビデリはターン2で追い抜いて前に出た後、ブレーキング中に自分のラインを塞いできたザルコのことを「半分人殺しだ」と厳しく非難し、周囲のライダーへの愛情が無いと主張していた。

 一方ザルコ側はそうした動きを意図的なものではないと述べ、自分は狂った男ではないと主張している。

 今回のクラッシュについてはレーシングインシデントだという声も、批判する声もある。ただアプリリアのアレイシ・エスパルガロは、「いつもザルコなんだ」とその気持を吐露している。

「他のライダーの後ろで動くと、ダウンフォースがあったり、なかったり、あったりする……フロントは暴れて、時にはブレーキが効かなかったりもする」

「これはとても、とても難しい問題だ。でもその一方で、常にザルコなんだ。いつもザルコが(インシデントにかかわって)いるんだよ」

 なおLCRホンダのカル・クラッチローはスチュワードの見解を支持しつつ、「特に誰かが間違っていたとは思わない。ただのレーシングインシデントだ」と語っている。

 

Read Also:

Related videos:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 勝てるはずだったのに……アレックス・リンス、痛恨の転倒で優勝逃す
次の記事 2戦連続で“似た”クラッシュ。エスパルガロ弟はアプローチを変えるべき?

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本