モルビデリ、MotoGPオランダGPの欠場が決定。トレーニング中に左膝の怪我が悪化

ペトロナス・ヤマハSRTのMotoGPライダーであるフランコ・モルビデリは、トレーニング中に膝を負傷し、今週末のオランダGPを欠場することになった。

モルビデリ、MotoGPオランダGPの欠場が決定。トレーニング中に左膝の怪我が悪化

 ペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリは、トレーニング中に左膝の怪我を悪化させてしまい、MotoGP第9戦オランダGPを欠場することになった。

 モルビデリは、今月初めにバレンティーノ・ロッシの私設コース”ランチ”でトレーニング中に負傷。カタルニアGPでバイクを交換する練習をした際に転倒してしまい、この怪我を公表した。

 その後、モルビデリは火曜日(6月22日)に行なわれた別のトレーニングで、この怪我を悪化させてしまい、TTサーキット・アッセンで行なわれる第9戦オランダGPを欠場することになった。

 チームは次のように声明を発表している。

「ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームは、フランコ・モルビデリが今日のトレーニングで左膝を負傷したため、今週末のオランダGPを欠場することを発表する」

「現在、彼は医師の診断を受けており、回復に向けて最善の方法を検討しているところだ」

「ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームは、フランコの一日も早い回復を願っている」

 昨年は旧型のAスペックと呼ばれるマシンに乗りながらも、ランキング2位を獲得したモルビデリだが、今季は第8戦ドイツGPを18位で終えるなど苦戦しており、現在ランキング11番手となっている。

 チームはオランダGPに向けてモルビデリの代役を用意するか明言していないが、昨年までLCRホンダからMotoGPを戦っており、今季はヤマハのテストライダーを務めるカル・クラッチローがレースに復帰する道が開けるかもしれない。

Read Also:

シェア
コメント
クアルタラロ“ツナギ問題”で批判コメントのジョアン・ミル、「映画の悪役扱いだ」とボヤく

前の記事

クアルタラロ“ツナギ問題”で批判コメントのジョアン・ミル、「映画の悪役扱いだ」とボヤく

次の記事

MotoGP日本グランプリ、2021年の開催中止が決定。新型コロナ影響し2年連続

MotoGP日本グランプリ、2021年の開催中止が決定。新型コロナ影響し2年連続
コメントを読み込む