MotoGP
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
21 8月
イベントは終了しました
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
11 9月
イベントは終了しました
18 9月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
13 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
19 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
20 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
27 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
41 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
48 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

「ザルコは半分人殺しだ」モルビデリ、危機一髪大クラッシュの原因と厳しく非難

シェア
コメント
「ザルコは半分人殺しだ」モルビデリ、危機一髪大クラッシュの原因と厳しく非難
執筆:

MotoGP第5戦オーストリアGPの決勝でフランコ・モルビデリはヨハン・ザルコと接触して大クラッシュ。モルビデリはザルコに対し怒りを顕にし、“半分人殺しだ”と非難した。

 MotoGP第5戦オーストリアGPの決勝レースでは、非常に危険なクラッシュが発生した。

 レース9周目のターン2でヨハン・ザルコ(アビンティア)の後輪にフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が接触し、勢いよくクラッシュ。モルビデリのマシンはコースに投げ出され、ターン3にまで到達し、危うくヤマハのバレンティーノ・ロッシとマーベリック・ビニャーレスのふたりに衝突するところだった。

Read Also:

Related videos:

 モルビデリはメディカルセンターに運ばれて検査を受けたが、幸いにも深刻な怪我は発見されなかった。しかしロッシやビニャーレスらも、一歩間違えれば取り返しのつかない結果にも発展する可能性のある危険なクラッシュだった。

 モルビデリはこのクラッシュの原因となったとして、ザルコのライン取りとブレーキング時のモルビデリのラインを塞ぐような動きを厳しく非難しており、Sky Italiaに次のように語った。

「ザルコは半分人殺しだ。300km/hで走っているときにこうしたブレーキングをするのは、彼自身と一緒にレースをしているライダーへの愛をほとんど持っていないということだ」

「このクラッシュは僕と彼、そしてバレンティーノとマーベリックにとって本当に危険なものだった。だから今回のことで彼がもう少し考えてくれることを願っている」

「何もできなくて申し訳ないと思っている。ブレーキをかけようとした時に、ヨハンがラインを変えてレーシングラインを外れた時、僕は(スリップで)引っ張られて、彼に追いつくことしかできなかったんだ」

 そう批判されたザルコは火傷を負ったものの大きな負傷は無く、今回のクラッシュについても今のところペナルティなどは科されていない。そのザルコは、ブレーキング時の動きは意図的なものではないと主張。後に同じように憤慨していたロッシと誤解を解くための話し合いを行ない、自分がクレイジーな男ではないと説明したと語った。

「彼ら(モルビデリとロッシ)の考えている“悪事”、つまり僕が意図的にラインを寄せ、モルビデリを止めようとしたと……」

「でもこれは僕の考えとは違う。僕はブレーキングで、彼(モルビデリ)が(自分を)オーバーテイクできるかもしれないと思っていた。だけど彼を抑えるためにラインをカットしたんじゃない」

「それはクレイジー過ぎるし、危険なモノだ。僕はそれを管理するよう、十分気をつけていた。ブレーキングしたとき、なにか悪巧みを考えていたわけじゃない」

「フランコとメディカルセンターで会って、互いにハグをした。僕らふたりとも怖い思いをしたからね」

「それからフランコたちからああいうコメントが出て、悲しい気持ちになった。それでロッシと10分ほど過ごしたんだ」

「そこで僕は何が起きたのかを話すことができた。それから今はすべてが遥かに良い状況になっている。これはレース中の悪い出来事だった。幸いにも、誰も深刻な怪我をしなかった」

「バレンティーノと10分間話して、彼に僕が狂った男じゃないことを理解してもらったんだ」

 

Read Also:

王者マルク・マルケス、スティリアGPも欠場へ。復帰はサンマリノGPか

前の記事

王者マルク・マルケス、スティリアGPも欠場へ。復帰はサンマリノGPか

次の記事

波乱の展開で6位確保。中上貴晶「中断後のスイッチの切り替えは難しかった」

波乱の展開で6位確保。中上貴晶「中断後のスイッチの切り替えは難しかった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント オーストリアGP
ドライバー フランコ モルビデリ , ヨハン ザルコ
執筆者 Lewis Duncan