MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

モルビデリ、2021年も大活躍の兆し……“旧式”YZR-M1の問題点がアップデートで改善と確信

フランコ・モルビデリは2021年シーズンも昨年に引き続きAスペックのYZR-M1を使用するが、ヤマハからのアップデート提供によって、抱えていた問題の多くが解決されたと考えている。

モルビデリ、2021年も大活躍の兆し……“旧式”YZR-M1の問題点がアップデートで改善と確信

 2020年のMotoGPでフランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)は実質的に2019年型である“Aスペック”のYZR-M1を使用しながらも年間3勝を記録し、ヤマハ勢トップとなるランキング2位を獲得した。しかし発注のタイミングや金銭面の問題もあり、モルビデリは2021年シーズンもAスペックバイクを使用することになる。

 ただ開幕前のプレシーズンテストでは、モルビデリに対しヤマハがアップデートを提供。モルビデリによると、このアップデートによって2020年シーズンに抱えていた問題の多くが解決されたという。

 AスペックのM1自体に高い競争力が備わっていることは、2020年にモルビデリの手によって証明されている。しかしいくつかのレースではバイクに問題が生じることもあった。

 プレシーズンテスト終了後に取材に応じたモルビデリは、アップデートによって昨シーズン抱えていた問題が解決されたのかと訊かれると、次のように答えた。

「ああ、そうだね。とてもシンプルで十分なもので、方向性もとても簡単だったんだ」

「だからヤマハが提供してくれたアップデートは他のサーキットでも機能すると思っている」

「僕はそう思っているし、同時にそうであってほしいとも思っている」

 なおヤマハは2021年型YZR-M1のシャシーが、モルビデリの走らせてきたマシンの近い仕様になるだろうと、以前説明していた。

 モルビデリはカタールテストをトップから0.140秒差の総合4番手で終了。2番手と3番手に並んだヤマハ・ファクトリーチームのマーベリック・ビニャーレスとファビオ・クアルタラロに次ぐ位置だった。

 テストを振り返ったモルビデリは「とても満足していて、十分に準備ができていると感じられる」と語った。

「もちろん、もっと良くすることはできるだろう。でも状況は既に良いんだ。だから僕としては嬉しく思っているよ」

「バイクに関してはまだ改善できる部分がある。でもそれは時間をかけて見ていく必要のあるものだ」

「僕らはレースウィークエンドがどうなっていくかを確認しなくちゃならない。レースウィークは難しくなるものだけど、自分が目標としているポジションを狙っていくよ」

「テストではかなり速さがあったし、ペースも良くて全体としてスピードを発揮できていたと思う」

「僕としては週末に良いポジションを狙っていくことが可能だと思う。もちろんコンディションの変化によって、テストや去年とは状況が変わる可能性もある」

「だけど現時点ではかなりいい感じだと思うし、準備もできている。レースウィークへ向けて飛び込んでいくことができると思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
マルク・マルケス、MotoGP開幕戦欠場が決定。第2戦参戦断念の可能性も高まる

前の記事

マルク・マルケス、MotoGP開幕戦欠場が決定。第2戦参戦断念の可能性も高まる

次の記事

『僕はアレックス』偉大な兄の影響下で奮闘するアレックス・マルケスのドキュメンタリーが公開

『僕はアレックス』偉大な兄の影響下で奮闘するアレックス・マルケスのドキュメンタリーが公開
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
執筆者 Lewis Duncan