Moto3ウォームアップで2時間の中断。各クラス決勝時刻が変更

Moto3クラスのウォームアップでは、ミーニョが撒いたオイルの影響で約2時間の中断。各クラスの決勝スタート時刻が変更された。

 8時40分に始まったMoto3クラスの決勝ウォームアップ走行は、長時間の赤旗中断があり、2時間以上に及ぶセッションとなった。

 セッション開始から間もなく5分という頃、アンドレア・ミーニョ(SKY Racing Team VR46)がオイルを撒き散らしながらコースを1周してしまう。ミーニョは周回の途中でこれに気づいたが時すでに遅く。全周にわたってオイルが”散布”されてしまった。

 これにより赤旗中断。マーシャルが総出で処理に当たったが、これには約2時間と言う時間を要し、結局セッションが再開されたのは10時30分。各車残された時間で走行を行ったが、ロマーノ・フェナティ(Marinelli Rivacold Snipers)が2分12秒513でトップタイムとなった。

 なお、長時間の赤旗中断の影響で、決勝のスタート時間が繰り下がることも決まっている。Moto3クラスの決勝は11時55分にスタートし、13周で行われる。Moto2決勝は13時スタートの15周レース、そしてメインのMotoGPクラスは14時スタートで24周にわたって行われる。

【関連ニュース】

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP , Moto2 , Moto3
記事タイプ 速報ニュース