登録

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本
レースレポート

Moto3カタール決勝:佐々木歩夢、優勝争いに加わるも最終ラップで悔しい転倒。優勝はマシア

2021年MotoGP開幕戦カタールGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、Red Bull KTM Ajoのジャウマ・マシアが優勝を果たした。

Jaume Masia, Red Bull KTM Ajo

Jaume Masia, Red Bull KTM Ajo

Gold and Goose / Motorsport Images

 MotoGP開幕戦カタールGPのMoto3クラス。ロサイル・インターナショナル・サーキットで全18周の決勝が行なわれ、ジャウマ・マシア(Red Bull KTM Ajo)が優勝を果たした。

 レースはMoto3クラスらしく混戦の展開。ポールポジションのダリン・ビンダー(Petronas Sprinta Racing)やセルジオ・ガルシア(GASGAS Gaviota Aspar)、ガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Racing Gresini Moto3)、ペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)といった面々が先頭集団に並んだ。

 風の吹きすさぶコンディションが影響しているのか、レースは序盤から転倒が続出。さらに3周目にはザビエル・アルティナス(Leopard Racing)の無理な仕掛けによって、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)、アンドレア・ミーニョ(Rivacold Snipers Team)、ジェレミー・アルコバ(Indonesian Racing Gresini Moto3)が絡む多重クラッシュが発生してしまった。

 1kmを超えるホームストレートではスリップストリームがよく効くこともあり、各ライダーのポジションは安定しない。一時はポジションを大きく落としていた鳥羽海渡(CIP Green Power)も先頭に立ったが、そのポジションを維持し続けることはできず、集団に呑まれてしまった。

 レース後半はビンダー、マシア、アコスタの3名が先頭争いの主軸となり、そのポジションを入れ替えながら争っていく。ここに佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)も食らいついて前を追った。

 佐々木は残り5周で一度先頭に立つと、何度か交わされるシーンはありつつも上位を維持。残り3周を先頭で迎えた。

 ここで佐々木はプッシュしていくが、ホームストレートでの競り合いでは後続にアドバンテージがあり、ポジションを6番手にまで落としてしまう

 ラストラップへはマシアが先頭で突入。アコスタ、ビンダーの3台が抜け出して最終セクターを迎えると、ビタリと3台直列のままホームストレートへ。しかしここはマシアが抑えきってトップでチェッカーを受け、2021年シーズン最初の勝利をもぎ取った。

 2位はアコスタ。ルーキーながら素晴らしい走りを見せ、弱冠16歳ながら世界選手権初戦で表彰台を獲得した。3位はビンダーだ。

 終始先頭集団でレースを続けていた佐々木は、最終ラップのターン2でクラッシュ。表彰台が目前に迫っていたが、悔しい結果となってしまった。

 他の日本勢は鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は後方からジャンプアップの8位、鳥羽が9位(最終ラップのトラックリミット違反で1ポジションダウン)、山中琉聖(CarXpert PruestelGP)は14位、國井勇輝(Honda Team Asia)が16位となっている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain ジャウマ マシア 18         25
2 Pedro Acosta 18 0.042       20
3 South Africa ダレン ビンダー 18 0.094       16
4 Spain Sergio Garcia 18 0.435       13
5 Argentina カブリエル ロドリゴ 18 0.880       11
6 Italy ニッコロ アントネッリ 18 0.899       10
7 Izan Guevara 18 0.965       9
8 Japan 鈴木 竜生 18 2.214       8
9 Japan 鳥羽 海渡 18 1.950       7
10 Switzerland Jason Dupasquier 18 2.219       6

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 42歳ロッシ、移籍初戦で予選4番手には笑顔。でも「表彰台に届くかは分からない」
次の記事 Moto2カタール決勝:ロウズが独走優勝で2021年をスタート。小椋藍は初戦を17位で終える

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?
More from
永安陽介
復活目指すヤマハ、2024年はクラッチローがワイルドカードで引っ張りだこか!? 「彼が欧州テストのメイン。必要な分は理解してくれるはず」

復活目指すヤマハ、2024年はクラッチローがワイルドカードで引っ張りだこか!? 「彼が欧州テストのメイン。必要な分は理解してくれるはず」

MotoGP

復活目指すヤマハ、2024年はクラッチローがワイルドカードで引っ張りだこか!? 「彼が欧州テストのメイン。必要な分は理解してくれるはず」 復活目指すヤマハ、2024年はクラッチローがワイルドカードで引っ張りだこか!? 「彼が欧州テストのメイン。必要な分は理解してくれるはず」

2023年に大苦戦したヤマハ、優遇措置受ける2024年の復活はあるのか? 「チャンピオンは夢物語ではない」

2023年に大苦戦したヤマハ、優遇措置受ける2024年の復活はあるのか? 「チャンピオンは夢物語ではない」

MotoGP

2023年に大苦戦したヤマハ、優遇措置受ける2024年の復活はあるのか? 「チャンピオンは夢物語ではない」 2023年に大苦戦したヤマハ、優遇措置受ける2024年の復活はあるのか? 「チャンピオンは夢物語ではない」

バイクで知られるヤマハが”カスタムカーの祭典”東京オートサロン参加……小型低速EVコンセプトのニーズ汲み取り狙う

バイクで知られるヤマハが”カスタムカーの祭典”東京オートサロン参加……小型低速EVコンセプトのニーズ汲み取り狙う

General
Tokyo Auto Salon

バイクで知られるヤマハが”カスタムカーの祭典”東京オートサロン参加……小型低速EVコンセプトのニーズ汲み取り狙う バイクで知られるヤマハが”カスタムカーの祭典”東京オートサロン参加……小型低速EVコンセプトのニーズ汲み取り狙う

最新ニュース

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

F1 F1
バーレーンGP

RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」 RBバイエルCEO、角田裕毅がチームオーダーに不満を抱いた理由を理解。一方で戦略の見直しを示唆「本来ならばストロールをカバーすべきだったかも」

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

SF スーパーフォーミュラ

スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を スーパーフォーミュラのパブリックビューイングが全戦で開催! 『シティサーキット東京ベイ』で現地に負けない興奮を

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

F1 F1
バーレーンGP

ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」 ルクレール、ブレーキトラブルで”収穫ナシ”のレースに「左右でブレーキの温度が100度以上違っていた」

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

F1 F1
バーレーンGP

女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」 女性問題抱えるレッドブルF1代表、現職続投でチーム分裂の引き金に? フェルスタッペン父「彼は被害者ぶっている」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本