MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

Moto3カタール決勝:佐々木歩夢、優勝争いに加わるも最終ラップで悔しい転倒。優勝はマシア

2021年MotoGP開幕戦カタールGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、Red Bull KTM Ajoのジャウマ・マシアが優勝を果たした。

Moto3カタール決勝:佐々木歩夢、優勝争いに加わるも最終ラップで悔しい転倒。優勝はマシア

 MotoGP開幕戦カタールGPのMoto3クラス。ロサイル・インターナショナル・サーキットで全18周の決勝が行なわれ、ジャウマ・マシア(Red Bull KTM Ajo)が優勝を果たした。

 レースはMoto3クラスらしく混戦の展開。ポールポジションのダリン・ビンダー(Petronas Sprinta Racing)やセルジオ・ガルシア(GASGAS Gaviota Aspar)、ガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Racing Gresini Moto3)、ペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)といった面々が先頭集団に並んだ。

 風の吹きすさぶコンディションが影響しているのか、レースは序盤から転倒が続出。さらに3周目にはザビエル・アルティナス(Leopard Racing)の無理な仕掛けによって、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)、アンドレア・ミーニョ(Rivacold Snipers Team)、ジェレミー・アルコバ(Indonesian Racing Gresini Moto3)が絡む多重クラッシュが発生してしまった。

 1kmを超えるホームストレートではスリップストリームがよく効くこともあり、各ライダーのポジションは安定しない。一時はポジションを大きく落としていた鳥羽海渡(CIP Green Power)も先頭に立ったが、そのポジションを維持し続けることはできず、集団に呑まれてしまった。

 レース後半はビンダー、マシア、アコスタの3名が先頭争いの主軸となり、そのポジションを入れ替えながら争っていく。ここに佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)も食らいついて前を追った。

 佐々木は残り5周で一度先頭に立つと、何度か交わされるシーンはありつつも上位を維持。残り3周を先頭で迎えた。

 ここで佐々木はプッシュしていくが、ホームストレートでの競り合いでは後続にアドバンテージがあり、ポジションを6番手にまで落としてしまう

 ラストラップへはマシアが先頭で突入。アコスタ、ビンダーの3台が抜け出して最終セクターを迎えると、ビタリと3台直列のままホームストレートへ。しかしここはマシアが抑えきってトップでチェッカーを受け、2021年シーズン最初の勝利をもぎ取った。

 2位はアコスタ。ルーキーながら素晴らしい走りを見せ、弱冠16歳ながら世界選手権初戦で表彰台を獲得した。3位はビンダーだ。

 終始先頭集団でレースを続けていた佐々木は、最終ラップのターン2でクラッシュ。表彰台が目前に迫っていたが、悔しい結果となってしまった。

 他の日本勢は鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)は後方からジャンプアップの8位、鳥羽が9位(最終ラップのトラックリミット違反で1ポジションダウン)、山中琉聖(CarXpert PruestelGP)は14位、國井勇輝(Honda Team Asia)が16位となっている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain ジャウマ マシア 18         25
2 Pedro Acosta 18 0.042       20
3 South Africa ダレン ビンダー 18 0.094       16
4 Spain Sergio Garcia 18 0.435       13
5 Argentina カブリエル ロドリゴ 18 0.880       11
6 Italy ニッコロ アントネッリ 18 0.899       10
7 Izan Guevara 18 0.965       9
8 Japan 鈴木 竜生 18 2.214       8
9 Japan 鳥羽 海渡 18 1.950       7
10 Switzerland Jason Dupasquier 18 2.219       6

シェア
コメント
42歳ロッシ、移籍初戦で予選4番手には笑顔。でも「表彰台に届くかは分からない」

前の記事

42歳ロッシ、移籍初戦で予選4番手には笑顔。でも「表彰台に届くかは分からない」

次の記事

Moto2カタール決勝:ロウズが独走優勝で2021年をスタート。小椋藍は初戦を17位で終える

Moto2カタール決勝:ロウズが独走優勝で2021年をスタート。小椋藍は初戦を17位で終える
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP , Moto3
執筆者 永安陽介