中上貴晶「ザクセンリンク”王”マルケスとのデータ比較が楽しみ」

シェア
コメント
中上貴晶「ザクセンリンク”王”マルケスとのデータ比較が楽しみ」
執筆: 田中健一
2018/07/13 9:40

ザクセンリンクで行われるドイツGPに挑む中上貴晶は、ここで圧倒的な強さを見せるマルク・マルケスの走行データを、自身のそれと比較するのを楽しみにしていると語る。

 ザクセンリンクで行われるMotoGP第9戦ドイツGP。このサーキットは、LCR Honda IDEMITSUの中上貴晶にとって、験の良いサーキットと言える。なぜならMoto2時代の2016年、中上はここでポールポジションを獲得しているのだ。

「このサーキットは、過去2年のMoto2でも良い走りができていたので、好きなコースです。レイアウトはかなり特徴的で、トップスピードが決め手になるコースではなく、ラップタイムはかなり接近すると思うので、きっと僕たちにもチャンスがあると思います」

「コース全体の90パーセントが左コーナーで、右コーナーは10パーセント程度。右側のフィーリングを掴むことが難しいため、しっかりとセットアップを煮詰めていくことが重要です。僕のライディングスタイルに合ったコースだと思っていますが、金曜の走り出しからしっかりとセットアップを積み上げ、土曜のFP3では予選の好順位を狙える状態に仕上げたいです」

 ただ、このザクセンリンクでは無類の強さを誇るライダーがひとりいる。Repsol Honda Teamのマルク・マルケスである。マルケスはMotoGP最高峰クラスデビュー以来、ザクセンリンク5連勝。一度も負けていないのだ。しかもMoto2時代にも2連勝、125ccクラスでも優勝と8連勝中。この8年、ここでマルケスに土をつけたライダーは、誰ひとりとしていないのだ。

 そのマルケスと自身の走行データを比較するのを、中上は楽しみにしているという。

「僕は今日もそして昨日も、マルクやダニ(ペドロサ)、カル(クラッチロー)のデータを比較しました。完全に異なるライディングスタイルですけどね」

 そう中上は語る。

「しかし、特にマルクはザクセンリンクの”王”です。だから常にチェックする必要があります。今はしっかりとそれを見ることができますけど、金曜日に走り出して、フリー走行で試した後、もう一度チェックしなければいけないと思います。でも、それはいつもと同じようにシンプルです」

 ここまでのシーズンについて満足しているかと尋ねられた中上は、「まだ満足できていない」と語る。

「パフォーマンスについては、十分には満足していません。チームは素晴らしいパッケージとサポートを与えてくれました。でも、特に直近の2レースは、うまくいかず……。いくつかのクラッシュがあったし、不幸にもムジェロではダニが僕に当たってきて、クラッシュしてしまいました」

「とは言え僕は、一歩ずつ前進しています。それでも、僕らは十分には満足できていない。だから、ここから良い一歩を踏み出そうとしているんです」

 開幕戦カタールGPでクラッシュした中上だったが、その影響で自信を失ったわけではないと語る。

「カタールでは、少し自信を失いました。でもそれはカタールだけ。僕らはレースごとに、どこで失っているのか、どこを改善しなければいけないかを理解しています」

「僕にとってMotoGPで1年目のシーズンです。一歩ずつ考える必要があります」

Additional Reporting by David Gruz

【MotoGP見るなら日テレジータス!】
予選から決勝まで、シリーズ全戦徹底中継!
第9戦ドイツGP
予選:7月14日(土)19:30〜
決勝:7月15日(日)17:45〜
次の MotoGP ニュース
オランダで負傷のモルビデリ、ドイツGPを欠場。ブラドルが急遽代役に

前の記事

オランダで負傷のモルビデリ、ドイツGPを欠場。ブラドルが急遽代役に

次の記事

ロッシ「ペドロサは”少なくとも一度は”タイトルを獲れていたと思う」

ロッシ「ペドロサは”少なくとも一度は”タイトルを獲れていたと思う」

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント ドイツGP
ドライバー 中上 貴晶
チーム Team LCR
執筆者 田中健一
記事タイプ 速報ニュース