MotoGP
23 8月
-
25 8月
イベントは終了しました
13 9月
-
15 9月
イベントは終了しました
20 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
04 10月
-
06 10月
イベントは終了しました
18 10月
-
20 10月
Ticket 進行中 . . .
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
10 days
R
第18戦マレーシアGP
01 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
17 days
R
第19戦バレンシアGP
15 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
31 days

MotoGPアラゴンGP 決勝:マルケスが熾烈な戦いを制し、ハットトリックを決めた。

シェア
コメント
MotoGPアラゴンGP 決勝:マルケスが熾烈な戦いを制し、ハットトリックを決めた。
執筆:
2016/09/25 14:20

圧倒的なパフォーマンスを発揮していたマルケスは、中盤のミスをリカバリーし、自ら首位に返り咲いた。

Podium: race winner Marc Marquez, Repsol Honda Team, second place Jorge Lorenzo, Yamaha Factory Racing, third place Marc Marquez, Repsol Honda Team
Podium: race winner Marc Marquez, Repsol Honda Team
Marc Marquez, Repsol Honda Team
Maverick Viñales, Team Suzuki MotoGP
Valentino Rossi, Yamaha Factory Racing

 アラゴンGPの金曜日と土曜日で圧倒的なパフォーマンスを発揮していたホンダのマルク・マルケスが、日曜日の決勝も制し、3年ぶりのアラゴンGP優勝を果たした。

 アラゴンGP決勝は晴天に恵まれた。気温22℃、路面温度33℃というレース日和。今回のレースは23ラップである。

 ポールポジションのホンダのマルク・マルケス、2番グリッドのマーベリック・ビニャーレス(スズキ)は、フロントとリヤにハードタイヤ、3番手のホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)はフロントにミディアム、リヤにハードタイヤを用意した。今回のレースでは右側のショルダーの磨耗が激しく、すべてのライダーがハード、もしくはミディアムを選択した。

 日本時間21時のレース開始。序盤のマルケスはバックストレートでロレンソに抜かれ、ターン15でビニャーレスにかわされ、一気に3位に落ちてしまう。しかし2周目でふたりを追い抜き、首位に戻る。

 しかし、上位7台との接近戦をしていたマルケスは、3周目のターン7でアウト側に膨らみ遅れるという致命的なミスをする。そのコーナー出口で彼は、5番手までポジションを落とすこととなった。首位を奪ったビニャーレスは、4周目で1分49秒086とファステストを記録。その後にロレンソ、3位のロッシと続く。しかしその後マルケスはターン1手前で4番手のアンドレア・ドヴィツィーゾ(ドゥカティ)をかわし、じわじわと反撃を始める。

 5周目のターン1でロレンソを抜いたロッシは2番手に浮上。さらにファステストを更新。1分48秒729を記録する。そしてビニャーレスも交わして先頭に躍り出る。

 猛烈な勢いで追い上げていくマルケスは7周目でロレンソをかわし、とうとう3番手まで戻ってきた。

 9周目で2番手のビニャーレスは、ターン1で前を走るロッシをかわそうとしたが、ラインを大きく外し、後ろに迫っていたマルケスにかわされてしまう。

 残り13周の時点でロッシの背後についていたマルケスは、残り12周のターン15でようやく首位を奪還。しかしロッシは、マルケスの0.3秒以内につけて好機を伺う。マルケスとロッシの熾烈な首位争いが展開されるが、ふたりの差はじわじわと広がり始めていた。残り8周の段階でふたりのタイム差は約0.9秒である。

 残り7周というところでカル・クラッチロー(LCRホンダ)は、後ろから5番手を狙うダニ・ペドロサ(ホンダ)とアレイシ・エスパルガロ(スズキ)に追われているが、隙を見せない。その中、ティト・ラバト(マルクVDS)がターン5でクラッシュし、リタイアとなった。

 残り6周でロッシとロレンソのチームメイト同士のバトルが起こる。残り5周のターン2でロレンソがロッシを捉え、2番手に浮上してきた。一方マルケスは、首位を独走している。

 残り3周となっても、ロッシとロレンソの熾烈な戦いは終わらない。ふたりの差は0.3秒以内で、ロッシはオーバーテイクの機会を伺っている。しかし残り2周のターン12でロッシは大きくコースオフしてしまう。ロッシはレースには復帰したが、ロレンソに打ち勝つのは厳しい状況になった。 

 チェッカーフラッグは、いち早く戻ってきたマルケスに振られ、華麗なハットトリックを決めた。アラゴンGPでの優勝は、彼にとって3年ぶりのことになる。

 2位は、ロッシとの6周に渡る白熱したバトルを制したロレンソだ。

 4位以降は、ビニャーレス、クラッチロー、ペドロサ、アレイシ・エスパルガロ、ポル・エスパルガロ(テック3ヤマハ)、Q1を勝ち抜いたアプリリアのアルベロ・バウティスタ、同じく同僚のステファン・ブラッドリーのトップ10だった。

MotoGP race results:

Pos#RiderBikeTime
1 93  Marc Marquez  Honda 41'57.678
2 99  Jorge Lorenzo  Yamaha 42'00.418
3 46  Valentino Rossi  Yamaha 42'03.661
4 25  Maverick Viñales  Suzuki 42'05.916
5 35  Cal Crutchlow  Honda 42'10.899
6 26  Dani Pedrosa  Honda 42'14.750
7 41  Aleix Espargaro  Suzuki 42'16.200
8 44  Pol Espargaro  Yamaha 42'17.110
9 19  Alvaro Bautista  Aprilia 42'20.749
10 6  Stefan Bradl  Aprilia 42'25.576
11 4  Andrea Dovizioso  Ducati 42'30.126
12 51  Michele Pirro  Ducati 42'32.711
13 8  Hector Barbera  Ducati 42'33.902
14 50  Eugene Laverty  Ducati 42'35.299
15 69  Nicky Hayden  Honda 42'38.187
16 68  Yonny Hernandez  Ducati 42'41.584
17 9  Danilo Petrucci  Ducati 42'54.418
18 76  Loris Baz  Ducati 42'57.359
19 45  Scott Redding  Ducati 43'31.804
Ret 53  Tito Rabat  Honda  
次の記事
マルケス、黄旗時の接触について説明

前の記事

マルケス、黄旗時の接触について説明

次の記事

狙い通りの勝利を手にしたマルケス「肘で体制を立て直した時、息を飲んだ」

狙い通りの勝利を手にしたマルケス「肘で体制を立て直した時、息を飲んだ」
コメントを読み込む