【MotoGPイギリス】FP1はビニャーレス、FP2はクラッチロー首位

MotoGPイギリスGPの初日セッションが行われ、FP1はビニャーレス、FP2はクラッチローが首位を獲得した。

 MotoGPイギリスGP初日のセッションが行われ、フリー走行1回目はマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が、2回目はカル・クラッチロー(LCRホンダ)がそれぞれトップタイムを記録した。

 FP1の残り6分というところで、タイムシートのトップに立っていたのは、ドゥカティのホルヘ・ロレンソだった。ロレンソは地元のカル・クラッチロー(LCRホンダ)を0.1秒リードしていたのだ。

 しかしヤマハのビニャーレスは、チェッカーフラッグを受けると同時にトップタイムを更新。FP1の首位に立った。2位はロレンソ、3位はクラッチロー、ランキング首位のマルク・マルケス(ホンダ)は4位に終わった。

 午後に行われたフリー走行の2回目では、セッション残り4分というところでクラッチローが2分00秒897を記録してトップタイムを更新。バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)を0.241秒退けた。

 4番手に来たのは、アプリリアのアレイシ・エスパルガロ。マルケスが5番手につけたが、マルケスはこのセッションでクラッシュを喫している。

 セッション終了後には、”フラッグ・トゥ・フラッグ”の新たなバイク乗り換え手順がテストされた。これはバイクを所定の位置に止めなければならないため、直接ジャンプして乗り換えることを防ぐことになる。

MotoGPイギリスGPフリー走行2回目結果
MotoGPイギリスGPフリー走行1回目結果

【関連ニュース】

MotoGP昇格の中上貴晶。昨年末のへレス非公開テストが”鍵”だった

岡田忠之「中上には大排気量バイクが合う。期待できる」

”アジア代表”としての中上の活躍を願う青山博一

ヤマハ、シーズン中テストでタイヤの問題を集中対策

9/28発売公式ゲーム『MotoGP 17』でバイク操る”楽しさ”体感

 

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー カル クラッチロー , マーベリック ビニャーレス
記事タイプ フリー走行レポート