【MotoGPイギリス】FP3:ザルコが最速。ヤマハ勢がトップ3

MotoGPイギリスGPのフリー走行3回目が行われ、テック3・ヤマハのヨハン・ザルコが、トップタイムを記録した。

 MotoGPイギリスGPのフリー走行3回目が行われ、テック3・ヤマハのヨハン・ザルコが、トップタイムを記録した。

 45分のセッションは、路面がやや湿ったコンディションで始まった。しかし、スリックタイヤを履いたバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がトップタイムを記録すると、他のライダーもすぐさまスリックタイヤに交換する。

 25分が経過した頃、ホンダのマルク・マルケスがトップタイムを記録する。しかし、路面温度は前日の半分であり、最後まで前日のベストタイムを更新できなかった。

 初日に最速タイムを記録したカル・クラッチロー(LCRホンダ)は、残り7分というところで首位に浮上。その後ホンダのマルク・マルケスとプラマック・ドゥカティのダニーロ・ペトルッチが首位に立つが、これを上回ったのがザルコだった。ザルコは2分1秒762を記録すると、さらにそれを更新して2分1秒734を記録して、このセッション最速となった。

 2番手には0.143秒差でヤマハのマーベリック・ビニャーレスがつけた。ザルコのチームメイトであるジョナス・フォルガーが3番手につけた。

 MotoGPイギリスGPの予選は、この後日本時間の22時10分から行われる。

→MotoGPイギリスGPフリー走行3回目結果

【関連ニュース】

MotoGPイギリスGPの初日2度の転倒。マルケス「自分に腹立たしい」

MotoGPイギリス:FP1はビニャーレス、FP2はクラッチロー首位

Moto2のルティ、来季よりマルクVDSからMotoGP参戦決定

MotoGP昇格の中上貴晶。昨年末のへレス非公開テストが”鍵”だった

9/28発売公式ゲーム『MotoGP 17』でバイク操る”楽しさ”体感

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
記事タイプ フリー走行レポート