MotoGP
28 3月
イベントは終了しました
04 4月
イベントは終了しました

MotoGPオーストラリアGP予選:マルケスが圧倒的なPP。天候に翻弄され、ロッシまさかのQ1敗退

天候に翻弄されているMotoGPオーストラリアGP。その予選ではマルク・マルケスが王者の強さを見せつけた。

MotoGPオーストラリアGP予選:マルケスが圧倒的なPP。天候に翻弄され、ロッシまさかのQ1敗退

 MotoGPオーストラリアGPの予選が行われ、ホンダのマルク・マルケスがポールポジションを獲得した。

大嵐に見舞われた予選直前フリー走行4回目

 フィリップアイランドで行われているMotoGPオーストラリアGPは、過酷な天候に見舞われている。

 金曜日に行われたフリー走行2回目は、荒天のため赤旗中断。その後天候が回復せず、そのままセッション中止となってしまった。そして、予選直前に行われたフリー走行4回目もマシンがコースインした直後に雨が降り始め、その勢いが強くなるとともに横殴りの強風が加わり、あたかも嵐のような状況。しかも気温は10℃と低い。とてもレーシングスピードでは走れないコンディションであり、残り19分1秒という時点で赤旗中断。天候の回復を待つことになった、

 約30分にも及ぶ長い中断の後、雨と風が治り、セッション再開。ただ、路面は完全なウエットコンディションである。

 結局このセッションでトップタイムを記録したのは、ダニ・ペドロサの代役としてレプソル・ホンダに乗るニッキー・ヘイデン。赤旗中断前に記録した1分36秒810となっている。

 ただセッション後半はレコードラインの水量が減り、マルク・マルケス(ホンダ)やカル・クラッチロー(LCRホンダ)、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)らがタイムアップ。コンディションの改善が見て取れた。

ロッシ、まさかのQ1敗退

 この変わりやすい天候は、予選にも大きな影響を及ぼした。フリー走行3回目までに全体のトップ10のラップタイムを記録できなかったライダーは、予選Q1から出走しなければならない。ここまで十分なタイムを記録できていないバレンティーノ・ロッシ(FP1で2番手タイムを出したが、タイヤの走行距離制限を上回って使用したとして、タイム抹消)とホルヘ・ロレンソのヤマハ勢ふたり、スズキのマーベリック・ビニャーレス、そしてクラッチローらも名を連ねており、2枠のQ2進出権を懸けた、熾烈な予選Q1になることが予想された。

 セッション序盤にトップタイムを記録したのはクラッチロー。1分41秒165である。この後方にロレンソ、ロッシ、ビニャーレスら強豪が続く。ただ、セッションが進むに連れ路面コンディションが改善。各車のタイムがどんどん上がっていく。

 クラッチローが自身の最速タイムを塗り替えると、ロッシがペースアップを果たしてロレンソを上回り2番手に浮上。ロレンソはピットに戻りマシンを乗り換えると思いきや、チームスタッフと何やらもめ、少々のロスタイムを経てコースに復帰していく。

 この間にブラッドリー・スミス(テック3・ヤマハ)が2番手タイムを記録。ロッシをQ1脱落圏内に追い出す。

 クラッチロー、ビニャーレスはピットインしてマシンを乗り換える。ロッシも残り3分というところでピットインするが、タイヤが用意されておらずにタイムロス。残り2分と少々というところでコースに復帰する。

 コースに戻ったクラッチローは、先ほどの自己ベストタイムを再び塗り替え、1分38秒752。トップタイムを堅持する。

 ビニャーレスはクラッチローに約2秒差ながら2番手に浮上。その直後にロレンソがビニャーレスを上回って2番手に浮上する。

 クラッチローはさらにタイムを刻み、1分38秒467まで上昇させる。ロッシもなんとか自己ベストを更新するが、5番手まで。これでQ1脱落が決定。ロレンソが2番手のポジションを確保し、ビニャーレス、スミスらもここでの敗退が決まった。

”雨予報”のQ2。今年の王者マルケス圧倒的な強さ

 そして予選Q2。開始後10分程度で再び大雨が来るとの予報があり、各車セッション開始と同時にコースインしていく。

 マルケス、ジャック・ミラー(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)、ダニーロ・ペトルッチ(OCTO Pramac Yakhnich)らは、1周のチェックランを行っただけでピットイン。コンディションに合わせた最適なタイヤに変更するようだ。

 まずはステファン・ブラドル(Aprilia Racing Team Gresini)が1分35秒710でトップタイム。Q1のタイムと比較すれば、コンディションは完全に良くなっている。ブラドルは次の周にこの自らのタイムを上回るが、クラッチローが1分33秒556に上げてトップに躍り出ると、この0.554秒差でドヴィツィオーゾが2番手に浮上。さらにこのドヴィツィオーゾをミラーが上回って2番手に上がる。

 ドヴィツィオーゾは全セクターで最速タイムを並べ、1分33秒090でトップに浮上。ミラーもタイムを更新して2番手に上がる。

 ピットインからコースに復帰していたマルケスも全セクターで最速。1分32秒239でドヴィツィオーゾに大きな差をつけてトップに立つ。ただ、これを上回ったのはクラッチロー。1分32秒189でマルケスをわずかに上回る。

 ただ、マルケスのペースは相変わらず良く、途中ロレンソに引っかかってしまうシーンがあったにもかかわらず、1分31秒555でクラッチローを引き離す。マルケスはさらに次の周も連続でアタックを行い、1分30秒670。後続に圧倒的な差をつけていく。ただ、マルケスはこれで満足せず、さらに1分30秒189まで更新。クラッチローが2番手に上がり、さらにミラーも3番手に上がった。

 チェッカーフラッグが振られる中、最後のアタックをランデブー状態で続けるのは、ポル・エスパルガロ(テック3・ヤマハ)とアレイシ・エスパルガロ(スズキ)の兄弟。彼らは並ぶようにしてチェッカーフラッグを受け、ポルが3番手、アレイシが4番手のグリッドを確保した。

 ポールポジションはマルケス。最後、2番手のクラッチローにつけた差は、0.792秒差だった。ヘイデンは7番手。Q1をなんとか突破したロエエンソは全くペースが上がらず、マルケスから6.6秒遅れのQ2最下位(12番手)で予選を終えた。結局、予想されたQ2での降雨はなかった。

MotoGP 2016 オーストラリアGP予選Q2結果
ClaドライバーバイクLaps時間ギャップインターバルkm/hスピードトラップ
1 93   Marc Marquez  Honda 8 1'30.189     177.547 324.8
2 35   Cal Crutchlow  Honda 8 1'30.981 0.792 0.792 176.001 326.8
3 44   Pol Espargaro  Yamaha 9 1'31.107 0.918 0.126 175.758 326
4 41   Aleix Espargaro  Suzuki 9 1'31.673 1.484 0.566 174.673 321.3
5 43   Jack Miller  Honda 8 1'31.754 1.565 0.081 174.518 325.3
6 9   Danilo Petrucci  Ducati 8 1'32.420 2.231 0.666 173.261 321.8
7 69   Nicky Hayden  Honda 8 1'32.944 2.755 0.524 172.284 318.6
8 6   Stefan Bradl  Aprilia 8 1'33.015 2.826 0.071 172.152 319.5
9 4   Andrea Dovizioso Ducati 7 1'33.090 2.901 0.075 172.014 330.3
10 8   Hector Barbera  Ducati 9 1'33.914 3.725 0.824 170.504 332.7
11 45   Scott Redding  Ducati 7 1'34.682 4.493 0.768 169.121 322
12 99   Jorge Lorenzo  Yamaha 9 1'36.840 6.651 2.158 165.353 320.1
MotoGP 2016 オーストラリアGP 予選Q1結果
ClaドライバーバイクLaps時間ギャップインターバルkm/hスピードトラップ
1 35   Cal Crutchlow  Honda 8 1'38.467     162.620 308.6
2 99   Jorge Lorenzo  Yamaha 8 1'40.452 1.985 1.985 159.407 304.6
3 25   Maverick Viñales  Suzuki 8 1'40.744 2.277 0.292 158.945 309.9
4 38   Bradley Smith  Yamaha 4 1'41.129 2.662 0.385 158.340 298.6
5 46   Valentino Rossi  Yamaha 8 1'41.368 2.901 0.239 157.967 307.8
6 50   Eugene Laverty  Ducati 8 1'41.532 3.065 0.164 157.711 301
7 68   Yonny Hernandez Ducati 7 1'41.766 3.299 0.234 157.349 305.9
8 19   Alvaro Bautista  Aprilia 9 1'41.850 3.383 0.084 157.219 297.4
9 7   Mike Jones  Ducati 8 1'42.261 3.794 0.411 156.587 295.8
10 76   Loris Baz  Ducati 6 1'43.128 4.661 0.867 155.271 302.8
11 53   Esteve Rabat  Honda 9 1'44.096 5.629 0.968 153.827 292

 

シェア
コメント
クラッチロー、ミシュランのタイヤ選択を疑問視「時間の無駄だった」

前の記事

クラッチロー、ミシュランのタイヤ選択を疑問視「時間の無駄だった」

次の記事

タイヤ選択を悔やむクラッチロー。「正しい選択をしていればマルケスに挑戦できた」

タイヤ選択を悔やむクラッチロー。「正しい選択をしていればマルケスに挑戦できた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント オーストラリアGP
ロケーション フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー マルク マルケス
チーム Repsol Honda Team
執筆者 田中 健一