【MotoGPチェコ】予選:マルケスがPP。2日目全セッションで最速

MotoGP第10戦チェコGPの予選が行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスがポールポジションを獲得した。

 MotoGP第10戦チェコGPの予選が行われ、レプソル・ホンダのマルク・マルケスがポールポジションを獲得した。

 現地時間の14時10分から行われたMotoGP第10戦チェコGPの予選。この日の午前中に行われたフリー走行3回目、そして予選直前に行われたフリー走行4回目では、共にマルケスがトップタイム。この週末、徐々に調子を上げてきた感がある。

Q1:ペトルッチとバウティスタがQ2進出

 まず行われた予選Q1。最初のタイムを計測したのはアルヴァロ・バウティスタ(アスパル・ドゥカティ)で、1分56秒768だった。これを上回ったのがダニーロ・ペトルッチ(プラマック・ドゥカティ)で、さらに前戦ドイツで2位表彰台を獲得したジョナス・フォルガー(テック3ヤマハ)も1分56秒540を記録し、暫定首位に立った。

 各車最初のアタックを終えてピットイン。そして残り4分を切ると、全車が最終アタックへ向けコースインしていった。

 この2度目のアタックで各車タイムアップ。まずバウティスタが1分56秒454でトップを奪い返し、アレックス・リンス(スズキ)が2番手に上がる。しかし1回目のアタックで首位だったペトルッチが1分56秒220で首位に浮上。バウティスタはもう1アタック行うも、ペトルッチには及ばず……しかし、しっかりと2番手を確保した。

 この結果、ペトルッチとバウティスタがQ2に進出。リンスはわずかの差でQ2進出を逃した。

Q2:マルケス、唯一の1分54秒台。ロッシ2番手

 トップ12のグリッドポジションを決める予選Q2。開始早々、各車がコースに飛び出して行き、アタックを行う。

 マルケスはその最初のアタックで、2度にわたって体勢を崩す瞬間があり、アタックを仕切り直す。

 そんな中、マルケスのチームメイトであるダニ・ペドロサが1分55秒313でトップタイムを記録。ドゥカティのホルヘ・ロレンソが2番手に飛び込む。マルケスはやり直しのアタックでもバランスを崩すシーンがあったが、ロレンソを上回って2番手に入る。ヤマハ勢はバレンティーノ・ロッシが5番手、マーベリック・ビニャーレスが7番手で最初のアタックを終え、ピットに戻る。

 ロレンソのタイムは、コース外走行があったとして、取り消されることとなってしまった。

 そして残り5分を切った頃から、各車が2回目のアタックへ向けコースイン。ロレンソがまず3番手タイムを記録すると、これをカル・クラッチロー(LCRホンダ)が上回り3番手を奪う。

 マルケスはペロドサの最初のタイムを上回る1分54秒981で首位に立つと、ロッシも2番手タイムを記録する。

 ビニャーレスはセクター1で全体ベストを記録するが、セクター2以降はタイムを伸ばすことができず、7番手止まり。ペドロサも3番手が精一杯だった。

 結局、マルケスがポールポジションを獲得。2番手にはロッシが入り、フロントロウの一角を占めた。ペドロサが3番手で、ホンダ勢がフロントロウに2台のマシンを送り込むことに成功した。

 MotoGPチェコGPの決勝レースは、日本時間の8月6日(日)21時にスタートする。

→MotoGP第10戦チェコGP予選Q2結果

【関連ニュース】

MotoGPチェコ初日:ドヴィツィオーゾ首位。2番手に0.4秒差つける

ビニャーレス、バイクの”旋回性”欠如に困惑

ロレンソ、新フェアリングで”ポテンシャルの改善”を実感

新シャシー使用しないが「ホンダの作業に満足」とマルケス

元ホンダ代表中本周平氏、MotoGP運営のドルナ特別顧問に就任

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 チェコGP
サーキット Brno Circuit
ドライバー ダニ ペドロサ , マルク マルケス , バレンティーノ ロッシ
記事タイプ 速報ニュース