【MotoGP】”アジア代表”としての中上の活躍を願う青山博一

”先代”のMotoGPレギュラー参戦日本人ライダーである青山博一が、”後輩”としてMotoGP昇格が決まった中上貴晶への期待を語った。

 今季Moto2に参戦中の中上貴晶が、来季LCRホンダに加入し、MotoGP最高峰クラスに挑戦することが発表された。日本人ライダーが最高峰クラスにレギュラー参戦するのは2014年以来のこととなる。

 日本人の最高峰クラスライダーとして、中上の”先代”にあたるのは、青山博一だ。青山は現在、HRC(ホンダ・レーシング)のMotoGPマシン開発ライダーを務めている。

「僕の後、しばらく(日本人の)レギュラーライダーがいなかったんで、嬉しいことだと思います」

 青山はそうmotorsport.comの取材に答えた。彼は中上に対して、日本人というだけでなく、アジア人としての気構えも持って欲しいと語る。

「彼には日本人のホープとして、これからのMotoGPを引っ張って行って欲しいと思います。そして日本人としてだけではなくて、アジア人でもMotoGPで活躍しているライダーはいませんから、中上君にはアジア全体のことも考えて欲しい」

 青山は前述の通り開発ライダーとしても役割を務める傍ら、アジアタレントカップの育成活動にも関わっている。その視点ならではのコメントだ。

「中上君には、アジア人ライダーが上(MotoGP)に上がっていけるような、そんな道を切り開いて欲しいと思います」

「もちろん、彼個人としても頑張って欲しいと思います。でももっと大きな目で見れば、アジア全体に対して、彼の役割は非常に大きなモノになると思います。そういう意味でも、ぜひ活躍して欲しいですね」

 3年ぶりとなる日本人MotoGPライダーの誕生。中上には、様々な期待がかけられている。

【関連ニュース】

9/28発売公式ゲーム『MotoGP 17』でバイク操る”楽しさ”体感

岡田忠之「中上には大排気量バイクが合う。期待できる」

MotoGP昇格の中上貴晶。昨年末のへレス非公開テストが”鍵”だった

【MotoGPコラム】選手育成に取り組む、青山博一の”指導者”としての顔

【MotoGPコラム】青山博一の”役割”。アジア&オセアニアを世界と繋ぐ

青山博一、16年日本GP出場。負傷したペドロサの代役に決定

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP , Moto2
記事タイプ 速報ニュース