【MotoGP】アプリリア、2018年のレディング加入を正式に認める

アプリリアは、現在プラマックに在籍するスコット・レディングが2018年にチームへ加入することを正式に認めた。

 サム・ロウズにはアプリリアとの2年契約があったものの、チームはロウズの成績を鑑み、彼の契約の破棄条項を発動することを選択した。

 スコット・レディングは、オーストリアでは2018年にアプリリアへ加入することを否定していたが、チームとの正式な契約締結が近づいていると考えられていた。

 今回アプリリアは、ロウズに代わって2018年にレディングがチームに加入することを正式に認めた。これにより来年は、レディングとアレイシ・エスパルガロのコンビを起用することになる。

 MotoGPで5年目のシーズンを過ごすレディングにとって、アプリリアは3つ目のチームとなる。レディングは2014年にホンダ系チームからMotoGPにデビューし、2016年からはプラマックに在籍していた。

 アプリリアのマネージャーであるロマーノ・アルベシアーノは、「スコットは若いライダーだが、MotoGPでの素晴らしい経験がある」と話した。

「彼が我々のプロジェクトに加入することになって嬉しいし、彼の才能とバイクの改善があれば、チームも彼も重要な結果を残すことができるだろう」

「スコットの力で、アプリリアはチャンピオンシップでもトップに近い、そして素晴らしいチームが占めるにふさわしい順位につくことができるだろうと我々は期待している」

 一方ロウズのMotoGPでの将来はまだ明らかになっておらず、マルクVDSのシートを得ることが、彼が来年もMotoGPに出場するために唯一残されたチャンスである。

「サム・ロウズとは別れを告げる。もちろん、(MotoGPでの)ルーキーシーズンにおける彼のコミットメントや努力には感謝している。その彼の貢献があって、彼はチームを成長させてくれた」

「彼は間違いなく自分の才能を示すことができるライダーだ。しかし今は、我々は(アプリリアのオーナーである)ピアッジオグループやファンとのコミットメントを満たすことができる、そういう選択をしなければならないのだ」

【関連ニュース】

ロウズのマネージャー、アプリリア契約終了に「ショック」

ジャック・ミラー、プラマックへの移籍が決定

来季残りシートは4席。アビンティアに6名のライダーが集中

2018年ウインターテスト、タイ・ブリーラムで開催へ

MotoGPオーストリア決勝:ドヴィツィオーゾ、大激戦の末マルケスを下す。今季3勝目

2018年 MotoGPライダー ラインアップ予想

TeamRiders
Repsol Honda

 マルク・マルケス

 ダニ・ペドロサ

Movistar Yamaha

 バレンティーノ・ロッシ

 マーベリック・ビニャーレス

Ducati

 アンドレア・ドヴィツィオーゾ

 ホルヘ・ロレンソ

Suzuki

 アンドレア・イアンノーネ

 アレックス・リンス

Aprilia

 アレイシ・エスパルガロ

 スコット・レディング

KTM

 ポル・エスパルガロ

 ブラッドリー・スミス

LCR Honda

 カル・クラッチロー

 中上貴晶?

Marc VDS Honda

 フランコ・モルビデリ

TBA

Tech 3 Yamaha

 ヨハン・ザルコ

 ジョナス・フォルガー

Pramac Ducati

 ダニーロ・ペトルッチ

 ジャック・ミラー

Aspar Ducati

 アルバロ・バウティスタ

 カレル・アブラハム?

Avintia Ducati

 ティト・ラバト?

TBA

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー サム ロウズ , スコット レディング
チーム アプリリア・レーシングチーム
記事タイプ 速報ニュース