【MotoGP】イアンノーネ、チームの改善に自信「また勝てるはず」

今シーズン前半は苦戦したイアンノーネだが、チームは改善しており、またレースで優勝できるようになると考えている。

 スズキのアンドレア・イアンノーネは、シーズン前半は苦戦していたが、これからはそれを取り戻し、もう一度勝てるようになると語った。

 今シーズンよりスズキからMotoGPに参戦しているイアンノーネ。しかしチームは昨シーズンほどの成績を収めることができていない。なお昨年までスズキに在籍していたマーベリック・ビニャーレス(現ヤマハ)はこの時期に83ポイント獲得していたが、イアンノーネは28ポイントである。

 サマーブレイクの間にザクセンリンクとブルノではテストが行われていたが、そこでスズキの首脳陣やイアンノーネは、チームが将来的にもう一度勝利への道を歩けるように準備をしているところだと話していた。

 ブルノで木曜日に、イアンノーネはこう話していた。

「日本でチームのトップ関していくらか変更があった。今の状況を解決するためにも、全てを再構築しなければいけない」

「彼らは懸命に作業していると信じているし、僕たちはまた勝つことができるだろうと思う。僕たちはもっと強くなれる」

ザクセンリンクで前進

 イアンノーネの今シーズン前半は、ザクセンリンクでのクラッシュや、9レースのうち3度リタイアするなど苦戦が続いていた。

 しかし彼は、バイクのフィーリングに関して、ザクセンリンクで大きなステップを踏むことができ、ブルノでは”さらに良くなる”と考えている。

「ザクセンリンクではフィーリングがかなり良かった。金曜日から土曜日にかけて大きく前進できたし、フィーリングが本当に素晴らしかった」

「重要なのは、僕とスズキの間には非常に価値のある強固な関係性があるということだ。それのおかげで、僕は大きな自信を持つことができる」

 イアンノーネは、チェコGPのフリー走行1回目を16番手、2回目を20番手で終えている。

Additional reporting by Giacomo Rauli

【関連ニュース】

チェコGP初日:ドヴィツィオーゾ首位。2番手に0.4秒差つける

スズキ移籍1年目のイアンノーネ。才能を”浪費”している!?

ビニャーレス、バイクの”旋回性”欠如に困惑

ロレンソ、新フェアリングで”ポテンシャルの改善”を実感

アプリリア、ロウズに改善を要求。来年の契約にも影響?

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 チェコGP
サブイベント Thursday
サーキット Brno Circuit
ドライバー アンドレア イアンノーネ
チーム Team Suzuki MotoGP
記事タイプ 速報ニュース