【MotoGP】クラッチロー「ホンダは劣勢。まだやるべきことが多い」

LCRホンダのカル・クラッチローは、3回のプレシーズンテストを終えてホンダにはやるべき作業が多く残されていると考えているようだ。

 LCRホンダのカル・クラッチローは、マレーシアのセパンで行なわれた公式テストを終えて、テスト自体には非常に満足しているものの、まだまだやるべき作業が多く残されていると感じたようだ。

 ホンダは先週行なわれたセパンでの公式テストで、新しい構成のエンジンのテストを行なっていたが、電気系統に不具合が生じたこともあって順調とはいかなかった。

 ホンダのライダーたちは、2016年末にテストされていたエンジンと、それとは異なる新しいエンジンの比較テストに時間を費やした。その後、ホンダは後者の開発を続けるかどうか、決定を下すことになる。

 2016年にチャンピオンを獲得したレプソル・ホンダのマルク・マルケスは、コース上でストップしてしまうなど2日目まで散々だったが、最終日にはペースを上げセパンテストを総合3位で終えた。彼のポジションは、MotoGPに共通ECUが導入された1年前のテストよりも良い結果だった。にもかかわらず、クラッチローは、ホンダはまだ理想的なポジションにいないと考えているようだ。

「僕はテスト最終日、新しい仕様のエンジンで長い1日を過ごした。それは非常にポジティブだった」とクラッチローは語った。彼は、総合9位でテストを終えている。

「テスト2日目よりも良かったので、僕たちはこのバイクの乗りこなし方を学ぶことができたのだろう。僕たちやマルク、ダニ(ペドロサ/レプソル・ホンダ)のラップタイムの伸びはそれほど悪くなかったし、リズムもかなり良い」

「今は十分満足しているが、やらなければならない作業がまだ多く残っていることは間違いない。僕は、ホンダ勢がかなり劣勢に立たされていると考えている」

「けれど僕たちもホンダも、そのことを認識している」

「次のテストはより難しいものになると思う。このテストを前に新しいパーツを用意することや、何か新しいことをするのはそれほど簡単なことじゃない」

 次回のテストは、オーストラリアのフィリップアイランドで2月15日から3日間行われる。その後、3月にシーズン前最後のテストと開幕戦が、カタールで行なわれる。

 テスト中、クラッチローはホンダのエンジンブレーキの扱いに苦労していたようだ。

「僕たちはエンジンブレーキに多くの問題を抱えていた。バイクを止めることができなくて、その部分だけで少なくとも0.3秒は失っている」と彼は語った。

「マルクとダニと比べると、彼らは少し違うモノを試していて問題が発生していなかったので、自分たちの位置には満足している」

「最終日のセッション終盤に、旧型のエンジンに交換してみた。エンジンの特性が大きく異なっていたので、頭と乗り方を切り替えるのが難しかった」

「ダニとマルクに競争力があるのを見て、嬉しかった。僕たちが持っているモノと、テストで試したモノには十分に満足している」

Additional reporting by Scherazade Mulia Saraswati

【関連ニュース】

【MotoGP】マルケス「ビニャーレスはロッシより速いかも」と語る

【MotoGP】今年は”新人王候補”豊作? 昇格の4人、激戦の予感

【MotoGP】公式テスト最終日:マルケスを抑え、ビニャーレスが首位

【MotoGP】テスト総合トップのビニャーレス「もっと速く走れた」

【MotoGP】適応に苦戦中のロレンソ、"親指"ブレーキシステムをテスト

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー カル クラッチロー
チーム Team LCR
記事タイプ 速報ニュース