【MotoGP】グリッド追い出された"ロッシファン"はチェコ大臣だと判明

チェコGP決勝前のグリッドウォークでヤマハのロッシが追い返した「ファン」は、チェコ政府の地方開発大臣であったことが発覚した。

 先週行われたチェコGP決勝前のグリッドウォークでヤマハのバレンティーノ・ロッシは、「ファン」を追い返した。レース後、その「ファン」がチェコ政府のカルラ・シュレフトバー大臣であったことが判明した。

 チェコGPのスタート前にロッシが女性を優しく押しのけ、さらにロッシのメカニックが女性をロッシから遠ざけるように誘導している映像がSNSで投稿されている。

 

 今回問題となった女性が、自身のfacebookページで「ロッシの幸運を祈りたいと思っていた」と弁明していたことが後に発覚し、それがチェコ共和国の地方開発大臣シュレフトバーであることが判明した。

 その投稿は次のように続いている。

「他のライダーと同じように、良いレースをしてほしいと思っていただけでした」

「あまりにも騒音がひどく、状況をしっかり把握できていませんでした。多分彼は私のことを”熱狂的なロッシファン”だと思っていたのでしょう」

「バレンティーノが特別な人物であり、本物のスターであるということを私は理解しています」

【関連ニュース】

 ロッシ、ファンとの”スクーター事件”の裁判中止

ロッシ、パドックの事故でファンの女性から告訴される危機に直面

MotoGPブルノ合同テスト:首位ロッシ、0.018秒差でマルケス破る

乗り換えの危険訴えるロレンソ「”F1のような文化”がない」

MotoGPチェコGP決勝:マルケス好判断! 2周目のマシン乗り換えで連勝

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 チェコGP
サーキット ブルノ
ドライバー バレンティーノ ロッシ
記事タイプ 速報ニュース