【MotoGP】ミラー、プラマック移籍が決定との情報。中上はLCRへ?

ジャック・ミラーは2018年シーズン、プラマック・ドゥカティに移籍する可能性が高いことが、motorsport.comの取材で分かった。

 マルクVDSのジャック・ミラーは、来季プラマック・ドゥカティに移籍することが確実とみられることが、motorsport.comの取材で明らかになった。

 ミラーは現在、ホンダとファクトリー契約を締結している。しかしこの契約は今年限りで切れることになっている。

 ホンダは来季から、現LCRホンダのカル・クラッチローと新たにファクトリー契約を結ぶことを決めたと言われており、ミラーの契約が延長される可能性は低いと考えられている。つまりミラーがマルクVDSに残るのならば、チームと直接契約する必要があることを意味していた。しかし結局はプラマックに移籍することを選んだ。

 motorsport.comが理解するところによれば、ミラーは日曜日の午後までに、彼の選択をプラマックに伝えなければならなかった。ミラーがこの決断を下さなかった場合、プラマックはティト・ラバトの契約を確保すべく準備を整えていたはずだ。

 プラマックは、来季のライダーを検討する議論の中で、スコット・レディングとの契約を更新する可能性は考えなかったという。現時点でレディングは、マルクVDSに復帰する可能性が示唆されている。

 プラマック入りするミラーは、”セカンドライダー”を務めることになり、1年落ちのマシンでシーズンを戦うことになる。一方、すでにチームに残留することを決断し、来季はミラーのチームメイトを務めることになるダニーロ・ペトルッチは、ナンバー1ライダーとして、最新ファクトリー仕様のマシンを走らせることになるようだ。

 なおミラーはこの夏休み期間中に来日。MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaの一員として鈴鹿8時間耐久レースに参戦することになっている。

LCRが2台目投入なら、中上が最有力候補!?

 ミラーの今季のチームメイトであるラバトもアヴィンティア・ドゥカティに移籍し、2017年仕様のマシンを走らせることになりそうだ。チームメイトには、現在アヴィンティアに在籍しているヘクター・バルベラかロリス・バズのいずれかが残ることになるだろう。

 アプリリアに誘われていたアルヴァロ・バウティスタは、アスパーに残留することを決めた。しかし、そのチームメイトが誰になるかはまだ未確定である。また、アプリリアでアレイシ・エスパルガロの相棒を務めるライダーも未定だ。サム・ロウズはすでにアプリリアとの契約を交わしているものの、それが履行されるかどうかは不透明と伝えられている。

 気になるところは、LCRホンダが2台目のバイクを走らせるかどうかだ。もしLCRが2台目の出走を決めれば、現在Moto2参戦中の中上貴晶が、カル・クラッチローのチームメイトを務めることになるはずだ。

【関連ニュース】

ホンダ、鈴鹿8耐参戦体制を発表。ジャック・ミラーの出場決定

ロレンソ「神からの警告だ」とミラーのクラッシュを語る

クラッチロー、LCR残留へ。ホンダとの直接契約に移行か?

中上貴晶、来季最高峰クラス昇格か? LCR入りの噂

日本GPピットツアーが当たる『MotoGP人気マシン総選挙』実施中!

2018年MotoGPライダーラインアップ予想:

チームライダー
レプソル・ホンダ

 マルク・マルケス

 ダニ・ペドロサ

モビスター・ヤマハ

 バレンティーノ・ロッシ

 マーベリック・ビニャーレス

ドゥカティ

 アンドレア・ドヴィツィオーゾ

 ホルヘ・ロレンソ

スズキ

 アンドレア・イアンノーネ

 アレックス・リンス

アプリリア

 アレイシ・エスバルガロ

 サム・ロウズ*

KTM

 ポル・エスパルガロ

 ブラッドリー・スミス

LCRホンダ

 カル・クラッチロー

 中上貴晶

マルクVDS・ホンダ

 フランコ・モルビデリ

 スコット・レディング?

テック3・ヤマハ

 ヨハン・ザルコ

 ジョナス・フォルガー

プラマック・ドゥカティ

 ダニーロ・ペトルッチ

 ジャック・ミラー

アスパー・ドゥカティ

 アルヴァロ・バウティスタ

TBA

アヴィンティア・ドゥカティ

 ティト・ラバト

TBA

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー ジャック ミラー , スコット レディング
記事タイプ 速報ニュース