【MotoGP】スズキの津田拓也、負傷リンスの代役でスペインGP参戦へ

スズキのテストライダーを務める津田拓也は、負傷したアレックス・リンスの代わりにへレスで行われるスペインGPに参戦するようだ。

 スズキがMotoGPに復帰した2015年以来、スズキのテストライダーを務めてきた津田拓也は、負傷したアレックス・リンスの代役として、へレスで行われるMotoGP第4戦スペインGPに参戦するようだ。

 先週、MotoGP第3戦アメリカGPがテキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われたが、リンスは土曜日のフリー走行3回目に転倒を喫し、左手首を骨折してしまった。彼はその後の予選、決勝を欠場した。

 リンスは現在、バルセロナにある自宅に戻っており、手術を行うために腕の腫れが引くのを待っている状態だ。彼の怪我は全治6~8週間かかるとみられ、今後数戦の欠場が予想される。 

 津田は元々、スペインGP後に当地で行われるプライベートテストに参加するため、スペイン入りする予定だったようだ。津田は、昨年11月のバレンシアや、今年に入ってからのセパンテストにもフル参加している。

 ヨシムラスズキMOTULからMFJ 全日本ロードレース選手権のJSB1000クラスに参戦している津田は、2016年をランキング2位で終えている。鈴鹿8時間耐久レースでは、2014年にポールポジションを獲得している。

【関連ニュース】

【MotoGP】マルケス、今季初勝利も「解決すべき問題はまだある」

【MotoGP】ビニャーレス「クラッシュの原因はタイヤの違和感」

【MotoGP】ロッシ、ザルコの動きに警告「ここはMoto2じゃないぞ」

【MotoGP】アメリカGP決勝:マルケス、アメリカ5連続優勝を達成

【MotoGP】リンス、”ビニャーレス越え”への期待に「プレッシャー」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 スペインGP
サーキット サーキット・デ・ヘレス
ドライバー アレックス リンス , Takuya Tsuda
チーム Team Suzuki MotoGP
記事タイプ 速報ニュース