【motoGP】ストーナーの助言を歓迎するロレンソ「良い機会を利用したい」

来季から、motoGPキャリアで初めてヤマハ以外のマシンを操縦するロレンソは、ストーナーからのアドバイスを好意的に受け取っている。

【motoGP】ストーナーの助言を歓迎するロレンソ「良い機会を利用したい」
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Jorge Lorenzo, Ducati Team
Casey Stoner, Ducati Team
Davide Tardozzi, Ducati Team Team Principal, Jorge Lorenzo, Ducati Team
Jorge Lorenzo, Ducati Team

 2016年にケーシー・ストーナーは、ドゥカティのアンバサダーとして3回テストドライバーの役目を果たした。またシーズン後のバレンシア合同テストでは、来季ドゥカティに移籍してくるホルヘ・ロレンソに助言していた。

 2017年、ドゥカティはタイトル獲得を目標にしている。しかし来季からドゥカティのライダーになるロレンソは、これまでのmotoGPキャリアではヤマハのマシンの操縦経験しかなく、ドゥカティのバイクとは全く縁がない状態だった。

 2007年にドゥカティとタイトルを獲得した唯一のライダーであるスートナーは、ロレンソにスムーズな操縦ができるように可能な限り手ほどきし、そのためにもロレンソとより近い関係にあるべきだとチームに話している。

 一方のドゥカティは、ストーナーがロレンソに貢献したいという意思を尊重した。つまり今後は、ストーナーが現役ライダーに関与する分野が増え、彼をサーキットで頻繁に見かけることになるだろう。

「ストーナーを説得する必要はないと思っているよ」とロレンソは語った。

「以前にも話したが、彼にコーナーを見てもらったり、助言を貰ったりすることはとても良い事だと思っている」

「ケーシーはとても強い性格の持ち主で、とても変わっている。僕たちはほとんどのアイデアを共有しあっているが、そうでないものもある。彼の意見が正しいとお互いに合意できないこともあるし、彼が僕の意見を変えることもある」

「僕はオープンに接しているよ。僕は(助言を)聞いて、自分の結論とそれを付き合わせて、その助言を活用するかどうかを自分で決めている」

「ストーナーは非常に才能があって、彼は自分自身の意見をとてもうまく説明してくれる。僕たちがそれを利用できるのなら、利用しない手はないだろう」

【関連ニュース】

ロレンソ「ウイングはドゥカティに有利だから禁止された」

太鼓判を押すロレンソ「ビニャーレスはマルケスに似てる」

2017年開催カレンダーが変更。ドイツGPが2週間早まる

王者を狙うドゥカティ「ロレンソは開幕戦で勝てる」

 

シェア
コメント
【motoGP】カタルニアサーキットのレイアウト変更をFIAとFIMが承認

前の記事

【motoGP】カタルニアサーキットのレイアウト変更をFIAとFIMが承認

次の記事

【MotoGP】イアンノーネ「ドヴィツィオーゾをすごく尊敬していた」

【MotoGP】イアンノーネ「ドヴィツィオーゾをすごく尊敬していた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
ドライバー Casey Stoner , ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team
執筆者 Oriol Puigdemont