【MotoGP】タイ、2018年からのMotoGP開催契約に合意

タイのブリーラム・サーキットは、ドルナ・スポーツと2018年からMotoGPを開催する契約を締結したようだ。

 スーパーGTを開催しているタイのブリーラム・サーキットは、MotoGPのプロモーターであるドルナ・スポーツと2018年から2年間のレース開催契約に合意したようだ。この契約には3年の契約延長のオプションがつけられているとみられる。

 ブリーラム・サーキットは2014年にオープンし、2015年からワールド・スーパーバイク・チャンピオンシップも開催している。

 本来は、2017年からタイでMotoGPを開催する予定だったが、サーキットのタイトルスポンサーであるビア・チャーンとドルナ・スポーツとの間に問題が発生し、開催が延期された。なおドルナ・スポーツは、ビア・チャーンのライバルブランドであるシンハビールと契約を結んでいる。

 ブリーラムでのレースはシーズン終盤に組み込まれる予定である。これによって、もてぎ、フィリップアイランド、セパンというフライアウェイのレースの他に、もうひとつフライアウェイのスケジュールが組まれることになる。昨年はもてぎ、フィリップアイランド、セパンでのレースが3週連続で開催された。

 なお同じく2018年から開催予定だったフィンランドのキミ・リンク・サーキットでのレースは、2019年に延期された。

 またカザフスタンのソコル・サーキットでもレース開催が予定されていたが、こちらは2018年か2019年のどちらからレースを開催するのか、現在議論されているものとみられている。ホルヘ・ロレンソは、昨年このソコル・サーキットを訪れている。

 しかしドルナ・スポーツの代表であるカルメロ・エスプレットはかつて、年間のレース数は20を超えてはならないと明確に述べている。来年からタイでレースが開催され、さらにフィンランドとカザフスタンでのレース開催が決定すると、合計21レースになってしまい、20レースを超過してしまう。それゆえ、既存の18レースのうちのひとつがカレンダーから脱落することになるだろう。

 なお現在、ヘレスとレッドブルリンク(オーストリア)の2カ所は、2018年の開催契約を結んでいない。

【関連ニュース】

【MotoGPカタール】決勝:ビニャーレス圧巻。大逆転でヤマハ初優勝

【Moto2カタール】決勝:中上貴晶3位表彰台獲得。モルビデリ初優勝

【MotoGP】ビニャーレス、ロッシ3位に”ビックリした”

【MotoGP】トップ走行中に転倒も”新人”ザルコの走りをライバル賞賛

【Moto2】長島哲太「自分はここにいる!」と主張する1年が開幕

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
記事タイプ 速報ニュース
タグ buriram, thailand