【MotoGP】ドゥカティ「2017年開幕戦へのプレッシャーはない」

ドゥカティCEOのクラウディオ・ドメニカリは、開幕戦カタールGPでの勝利を目標にしているが、そこにプレッシャーはないという。

 2017年シーズンのMotoGPは、3月26日に開催されるカタールGPで開幕する。開催地のロサイル・インターナショナル・サーキットは、2007-09年にケーシー・ストーナーが優勝しアンドレア・ドビツィオーゾが過去2年間で2位を獲得するなど、ドゥカティにとって相性の良いサーキットだ。

 今年の開幕戦では、同サーキットで3度の優勝経験を持つホルヘ・ロレンソがドゥカティデビューを飾ることになる。ドゥカティのチーム代表であるパオロ・シアバッティは、開幕戦でロレンソがドゥカティに勝利をもたらし、ドゥカティでのキャリアを良い形でスタートできると信じている。

 一方、ドゥカティCEOのクラウディオ・ドメニカリは、他のチームと同じように開幕戦へのプレッシャーはないと主張している。

「プレッシャーはない」

「我々は多くの仕事をこなしてきた。一方で、まだやるべきことがある」

「今の状況は試験を受けるために勉強している時と少し似ている。まだ予想だにない問題が潜んでいるのではないかという不安があるが、我々はベストを尽くしているので自信がある」

「それに我々は物事を極端に考えることはない。(開幕戦を)他のレースと同じように戦い、もしうまくいけばそれはそれで良いし、ダメだったらまた次のレースで埋め合わせすれば良いと思っている」

マルケスを警戒するドゥカティ

 ドメニカリに対し2017年の目標について訊くと、新たに迎え入れたロレンソと共にタイトルを獲得することだと語ったが、ホンダのマルク・マルケスを警戒していると明かした。

「2016年、我々は大きく成長し、2レースで優勝することができた。そして、ジョルジオ(ロレンソの愛称)のようなライダーを迎え入れることに注力したことで、我々の手札は(タイトルを獲得するための)全てのカードが揃っている」

「しかし、ジョルジオ以外にも有能なライダーがたくさんいる。特にマルク・マルケスはチャンピオンに近しい男だと私は睨んでいる」

【関連ニュース】

ストーナーの助言を歓迎するロレンソ「良い機会を利用したい」

ロレンソ「ウイングはドゥカティに有利だから禁止された」

太鼓判を押すロレンソ「ビニャーレスはマルケスに似てる」

2017年開催カレンダーが変更。ドイツGPが2週間早まる

王者を狙うドゥカティ「ロレンソは開幕戦で勝てる」

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー ホルヘ ロレンソ
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース