【MotoGP】ドヴィツィオーゾ「マルケスの攻撃は分かっていた」

ドヴィツィオーゾは、マルケスが最終コーナーでの”攻撃”に向け、準備を整えていたことを知っていたと語った。

 オーストリアGPに優勝したドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、ホンダのマルク・マルケスが最終コーナーでの”攻撃”を準備していることを知っていたと語る。

 ドヴィツィオーゾは、マルケスを0.5秒抑えて、今季3勝目を挙げた。彼らはふたりは、オーストリアGPのレースのほとんどをリードした。

 先頭で最終ラップに入ったドヴィツィオーゾだったが、ターン8でマルケスが急接近し、勝負は最終セクターにもつれ込んだ。マルケスはターン10でドヴィツィオーゾのインに飛び込み、一時先頭に躍り出るも、ワイドに膨らんでしまったため、ドヴィツィオーゾが先にスロットルを全開にすることができ、勝利を手にすることになった。

 レース後にドヴィツィオーゾは、マルケスが最終コーナーで仕掛けてくるのは、分かっていたと語った。

「素晴らしいバトルだったよ」

 そうドヴィツィオーゾは語った。

「僕とマルクは、レースをコントロールしていた。タイヤについてもね。しかし最悪だったのは、最終ラップでマルクがすぐ後ろにいたということだ」

「最終コーナーで、彼が僕より先にスロットルを開くのを聞いた。彼は最終コーナーで僕を抜こうとしていたことが分かった。だからブレーキをかけず、オーバーテイクする可能性を与えたんだ」

「しかし、僕はバイクをうまく減速することができたし、結局コーナーを抜けるのは僕の方が少し速かった」

 予選を支配したマルケスだが、決勝日の高い路面温度に苦労する可能性があったと語った。

「昨日、路面コンディションが低い状態では、僕ははるかに良い感触を得ていた。しかし今日は暖かく、スタート直後からタイヤが限界にあると感じていたんだ」

 そうマルケスは主張した。

「僕はうまくマネージメントしようとしていた。しかし最終ラップではすごく苦労していた。特にエッジの部分は、少しバイクを傾けるだけで、リヤを失ってしまう状態だった」

「最終コーナーでも僕は限界の状態だった。しかしこれはMotoGPだし、ショーなんだ。今回は勝つことができなかったけど、また次の機会に、再び試してみるよ」

【関連ニュース】

オーストリアGP決勝:ドヴィツィオーゾ、大激戦の末マルケスを下す

マルケス、加速の”弱点”を克服「この速さを誇りに思う」

ロレンソ「ドヴィツィオーゾほどブレーキに自信がない」

グリッドを追い出された"ロッシファン"はチェコ大臣だったと判明

来季残りシートは4席。アビンティアに6名のライダーが集中

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストリアGP
サーキット レッドブルリンク
ドライバー アンドレア ドヴィツィオーゾ , マルク マルケス
記事タイプ 速報ニュース